BI

MS「Power BI」を使ってみよう(8)--レポートへの関心高めるカスタムビジュアルの追加

マイクロソフトの「Power BI」に搭載されているデータ視覚化ツールは、十分役立つものだが、もっと人々の関心を引く説得力の高い方法でメッセージを伝えたいと思うなら、カスタムビジュアルを利用すればよい。

 ビジネスインテリジェンスデータから得られた情報だからといって、無味乾燥な形で伝える必要はない。実際、効果的に情報を伝えるには、既成の枠にとらわれない型破りな考え方が必要になることもある。Microsoftの「Power BI」に搭載されている標準のデータ視覚化ツールは、多くのユーザーにとって十分役立つものだが、このツール以外にも利用できるリソースがある。

 Power BIを利用して、もっと人々の関心を引く説得力の高い方法でメッセージを伝えたいと思うなら、「Officeストア」の「カスタム ビジュアル」セクションを探せば目的にかなったものが見つかるかもしれない。カスタムビジュアルを探してダウンロードし、データに追加するのは難しい作業ではないが、検討すべき注意点がいくつかある。

 このチュートリアルでは、Power BIのレポートに使用できるわかりやすくて創造的なカスタムビジュアルを見つけ、自分のデータに適用する方法を説明する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1845文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan