開発 開発ツール

「Raspberry Pi」の新ライバル--IoTアプライアンス向きの「NanoPi Neo Plus2」

35ドルのコンピュータ「Raspberry Pi」の新しいライバル「NanoPi Neo Plus2」は、より安価な基板にほぼ同様のスペックが詰め込まれている。サイズも半分ほどだ。

 35ドルのコンピュータ「Raspberry Pi」の新しいライバルは、より安価な基板にほぼ同様のスペックが詰め込まれている。サイズも半分ほどだ。

 「NanoPi Neo Plus2」は仕様上、Raspberry Piの主力モデルである「Raspberry Pi 3 Model B」との共通点が多い。NanoPi Neo Plus2は、Piと同様、クアッドコア「ARM Cortex A53」ベースのSoC(System on a Chip)を搭載するほか、1GバイトのRAMを備え、WiFiとBluetoothを内蔵する。また、ギガビットイーサネットや8GバイトのeMMCストレージを内蔵するなど、いくつかの点でPi 3を凌いでさえいる。

 価格も、NanoPi Neo Plus2がPi 3より10ドルほど安く、24.99ドルで販売されている。

 とはいえ、Piはソフトウェアの選択肢が幅広く、箱から取り出した状態の使い勝手もより優れている。Piでは複数のLinuxデスクトップOSが動作可能だが、デフォルトの「Raspbian」OSが一層使いやすくなっているほか、業務用、ウェブおよびプログラミング用のソフトウェアも同梱されているのが特徴だ。対照的に、NanoPi Neo Plus2で動作する「Ubuntu Core」は、機能を最小限に抑えたOSであり、通常は、他のマシンからコマンドラインを介してリモートで同デバイスに接続する必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約882文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  2. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース
  5. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]