開発 開発ツール

「Raspberry Pi」の新ライバル--IoTアプライアンス向きの「NanoPi Neo Plus2」

35ドルのコンピュータ「Raspberry Pi」の新しいライバル「NanoPi Neo Plus2」は、より安価な基板にほぼ同様のスペックが詰め込まれている。サイズも半分ほどだ。

 35ドルのコンピュータ「Raspberry Pi」の新しいライバルは、より安価な基板にほぼ同様のスペックが詰め込まれている。サイズも半分ほどだ。

 「NanoPi Neo Plus2」は仕様上、Raspberry Piの主力モデルである「Raspberry Pi 3 Model B」との共通点が多い。NanoPi Neo Plus2は、Piと同様、クアッドコア「ARM Cortex A53」ベースのSoC(System on a Chip)を搭載するほか、1GバイトのRAMを備え、WiFiとBluetoothを内蔵する。また、ギガビットイーサネットや8GバイトのeMMCストレージを内蔵するなど、いくつかの点でPi 3を凌いでさえいる。

 価格も、NanoPi Neo Plus2がPi 3より10ドルほど安く、24.99ドルで販売されている。

 とはいえ、Piはソフトウェアの選択肢が幅広く、箱から取り出した状態の使い勝手もより優れている。Piでは複数のLinuxデスクトップOSが動作可能だが、デフォルトの「Raspbian」OSが一層使いやすくなっているほか、業務用、ウェブおよびプログラミング用のソフトウェアも同梱されているのが特徴だ。対照的に、NanoPi Neo Plus2で動作する「Ubuntu Core」は、機能を最小限に抑えたOSであり、通常は、他のマシンからコマンドラインを介してリモートで同デバイスに接続する必要がある。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約882文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan