運用管理

LOG@Adapter:SyslogやSNMPトラップを一元管理するログ管理アプライアンス

ログ管理アプライアンスの「LOG@Adapter」は、SyslogやSNMPトラップの情報を一元管理する。不審なログを検知した際はアラートメールなどで管理者に通知し、不正通信端末のネットワーク遮断や再接続防止も可能だ。

LOG@Adapterのポイント

  • SyslogやSNMPトラップの情報を一元管理するログ管理アプライアンス
  • 不審なログを検知した際はアラートメールやトラップで管理者に通知
  • 不正通信端末のネットワーク遮断や再接続防止も可能

LOG@Adapterの製品解説

 エイチ・シー・ネットワークスの「LOG@Adapter」は、SyslogやSNMPトラップの情報を一元管理するログ管理アプライアンスだ。不審なログを検知した際は、アラートメールやトラップで管理者に通知するなど、安全かつ迅速な対応が可能になる。

編集部おすすめの関連記事

 ログ検索やレポート作成の機能も備えており、ネットワークの利用状況やシステムの負荷状況などの傾向を把握できる。

 「Apresia NA(Network Authentication)」「AccessDefender」「ALAXALA」「QuOLA@Adapter」との連携機能によってネットワークの利用状況を把握可能。また、不正通信端末の検知通知を不正侵入防止システム(IPS)から受信すると、不正通信端末を認証スイッチからログアウトさせてネットワークから遮断したり、不正通信端末にひも付いたアカウントの利用を停止して再接続を防止したりすることができる。

 遮断操作用に端末リストを表示することも可能。リストから不正通信端末を選び出して通信を遮断できる。サードパーティー製のDHCPサーバのSyslog解析や端末アカウントのステータスログ解析による端末遮断にも対応している。

LOG@Adapterのまとめ
用途と機能SyslogやSNMPトラップの情報を一元管理するログ管理アプライアンス
特徴不審なログに対するアラートメールやトラップの通知、ネットワーク利用状況の把握が可能。不正通信端末を認証スイッチからログアウトさせてネットワークから遮断したり、不正通信端末にひも付いたアカウントの利用を停止して再接続を防止したりすることもできる
導入企業自然科学研究機構 核融合科学研究所、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan