セキュリティ

ランサムウェア被害者が世界で増加--2017年3月までの1年間で約260万人

ランサムウェアによる攻撃が世界中で増加している。カスペルスキーの最新レポートによると、過去1年間でモバイルランサムウェアの被害が最大だった国は米国だったという。

 Kaspersky Labが米国時間6月26日に発表したレポートによると、2016年4月から2017年3月までにランサムウェアに遭遇した人の数は世界で約260万人近くにまでのぼったという。その前の1年間における230万人から11.4%増加したことになる。

 レポートでは、特にモバイルランサムウェアに対する懸念が引き続き高まっていることを指摘。2017年第1四半期だけでモバイル向けトロイの木馬型ランサムウェアのインストールパッケージが21万8625件検知されており、これは前四半期の3.5倍となった。ただし、モバイルランサムウェアのターゲットとなったユーザー数の合計は、2015年~2016年と2016年~2017年を比べた場合、4.6%減少している。

 Kaspersky Labでは、2016年4月から2017年3月のセキュリティデータを検証し、その前の1年間に収集したデータと比較した。こうした攻撃は裕福な国で見られることが多く、モバイルランサムウェアの攻撃を受けたモバイルユーザーの比率が最も高かったのは米国だ。次いでカナダ、ドイツ、イギリスが続く。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1097文字 ログインして続きを読んでください。

「セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック
  3. DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言
  4. ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編
  5. テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]