開発

「Docker」イメージに変更を適用--テンプレートイメージの作成で効率化

企業で可能な「Docker」コンテナの活用法の1つとして、コンテナに使用するテンプレートイメージの作成がある。

 企業で可能な「Docker」コンテナの活用法の1つとして、コンテナに使用するテンプレートイメージの作成がある。例えば、コンテナを開発目的で使用する場合、デプロイされる全てのコンテナに初期状態で同一の基本ツール群を備えたいと考えたとしよう。これを実現するには、イメージを取得して、コンテナを実行し、そのコンテナを自分のニーズに合わせて修正した後、そのコンテナで開発作業を開始するといい。ただし、この方法だと、それと同じコンテナをデプロイしたくなったら、毎回、これと同じプロセスを繰り返す必要がある。

 あるいは、イメージを取得して、コンテナを実行し、開発者の基本的なニーズに合わせてコンテナを修正し、それらの変更を新しいイメージに適用することも可能だ。この方法だと、開発者はその修正済みイメージを基に新しいコンテナを実行するだけで、作業を開始できるようになる。オリジナルのイメージを自分のニーズに合わせて修正する必要はない。

 このプロセスを利用してみたいと思った人に朗報がある。このプロセスは非常にシンプルだ。最新のNGINXイメージをベースとし、PHP、build-essential、「nano」がインストールされたイメージが必要だと仮定しよう。本記事では、イメージを取得して、コンテナを実行し、コンテナにアクセスして、ソフトウェアを追加し、変更を新しいイメージに適用するプロセスを説明する。この新しいイメージは、後で開発コンテナのベースとして簡単に利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1543文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 企業価値を「デジタル由来」に転換--大企業のDXをハッカソンで支える日本マイクロソフト
  2. スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る
  3. 2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか
  4. 6割のサイバー攻撃ではマルウェアは使われていない事実が判明─求められる新たな防御戦略とは
  5. “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]