開発

「Docker」イメージに変更を適用--テンプレートイメージの作成で効率化

企業で可能な「Docker」コンテナの活用法の1つとして、コンテナに使用するテンプレートイメージの作成がある。

 企業で可能な「Docker」コンテナの活用法の1つとして、コンテナに使用するテンプレートイメージの作成がある。例えば、コンテナを開発目的で使用する場合、デプロイされる全てのコンテナに初期状態で同一の基本ツール群を備えたいと考えたとしよう。これを実現するには、イメージを取得して、コンテナを実行し、そのコンテナを自分のニーズに合わせて修正した後、そのコンテナで開発作業を開始するといい。ただし、この方法だと、それと同じコンテナをデプロイしたくなったら、毎回、これと同じプロセスを繰り返す必要がある。

 あるいは、イメージを取得して、コンテナを実行し、開発者の基本的なニーズに合わせてコンテナを修正し、それらの変更を新しいイメージに適用することも可能だ。この方法だと、開発者はその修正済みイメージを基に新しいコンテナを実行するだけで、作業を開始できるようになる。オリジナルのイメージを自分のニーズに合わせて修正する必要はない。

 このプロセスを利用してみたいと思った人に朗報がある。このプロセスは非常にシンプルだ。最新のNGINXイメージをベースとし、PHP、build-essential、「nano」がインストールされたイメージが必要だと仮定しよう。本記事では、イメージを取得して、コンテナを実行し、コンテナにアクセスして、ソフトウェアを追加し、変更を新しいイメージに適用するプロセスを説明する。この新しいイメージは、後で開発コンテナのベースとして簡単に利用できる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1543文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan