コンバージド・ハイパーコンバージド SDS/ストレージ仮想化 IaaS プライベートクラウド NEC

富士市、プライベートクラウド基盤を導入--OpenStackを本番環境に利用

富士市は、OpenStackの商用ディストリビューション「Red Hat OpenStack Platform」を搭載する垂直統合型システム製品「Cloud Platform for IaaS」を導入した。統合ストレージ基盤「Red Hat Ceph Storage」も活用する。

 静岡県の富士市は、OpenStackの商用ディストリビューション「Red Hat OpenStack Platform」を搭載する垂直統合型システム製品「Cloud Platform for IaaS」を導入した。災害時の業務継続と効率的な行政運営が目的という。

 NECが6月29日に発表した。Red Hat OpenStack Platformとソフトウェアで制御する統合ストレージ基盤「Red Hat Ceph Storage」を採用したレディメイド型を導入した。事前に設計、検証済みの構成で統合化しており、今回、機器納入から初期セットアップまで1週間で導入した。今回の導入は、OpenStackを公共分野の本番環境に利用する例として先進的なものと説明する。

 同市はこれまで、外部に位置するデータセンター内に基幹システムを保有し、市職員はシンクライアントを活用して業務を進めてきた。

 だが、災害発生時で回線の切断など、復旧に時間を要する事態やその他不測の事態の際、市庁舎から住民情報にアクセスできなくなるリスクも抱えていた。また、仮想化を活用して既存のサーバ上に実行環境を構築するなどしてきたが、全体像の把握が次第に困難になり、効率的な業務推進の上での一つの障害となりつつあった。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan