ウェブ会議 フュージョン・コミュニケーションズ

コネクト・ライブ:モバイルからも参加できるウェブ会議サービス

ウェブ会議サービス「コネクト・ライブ」は、ワンクリックで社内外とつながる。iOS端末はモバイルアプリから、Androidはブラウザから参加できる。

コネクト・ライブのポイント

  • 標準技術「WebRTC」対応のChromeやEdge、Firefoxで利用可能
  • 発行されたURLをクリックすれば、誰でも会議に参加
  • iOS版モバイルアプリからも参加、ファイルも共有

コネクト・ライブの製品解説

 楽天コミュニケーションズ(旧フュージョン・コミュニケーションズ)の「コネクト・ライブ」(旧Chime Meetings)は、ワンクリックで社内外とつながるウェブ会議サービス。標準技術「WebRTC」に対応するブラウザから利用できる。

編集部おすすめの関連記事

 ソフトウェアのインストールや複雑な事前設定を行うことなく、会議の主催者と参加者ともにブラウザだけでシンプルに利用できる。使い慣れたInternet ExplorerやEdge、Chrome、Firefoxなどから、まるでウェブサイトを閲覧するように会議へ参加できる。

 会議用のURLを発行し、相手にURLを通知、通知されたURLをクリックすることで会議に参加できる。申し込んでから約5営業日で利用できる。スムーズで自然に音声をやり取りするために対応するスピーカやヘッドセットなどの音声デバイスを推奨している。

 映像や音声での会話のほかテキストでも会話できる。ファイルを共有するとともに操作できる。Chromeだけだが、画面も共有可能。

 iOS版のモバイルアプリからも会議に参加できる。AndroidからはChromeで対応。電話からの音声会議にも対応する。同時接続数は最大25(順次拡張予定)。比較的低帯域でも音声を優先して通信するが、1.5Mbps前後の帯域幅を推奨している。

 サービスは国内に設置されたデータセンターを利用。動画や音声は90日間保管できる。通信はSSL/TLSで暗号化される。参加者間の全てのシグナリングやチャットのやり取り、参加者とサーバ間のファイル共有は標準規格「WebSocket」を使用して暗号化。全てのメディアの通信はDTLS-RTPやRTMFPといったプロトコルで保護される。

コネクト・ライブのまとめ
用途と機能ウェブ会議サービス
特徴映像や音声での会話のほかテキストでも会話できる。ファイルを共有するとともに操作。申し込んでから約5営業日で利用。通信はSSL/TLSで暗号化
税別料金初期費用ゼロ円、月額基本料金:1950円(1ID)~
導入企業ネオキャリアなど

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 情報システム主導のRPAプロジェクトがなぜか炎上するワケ - 成功ポイントは人事とシステムにあり
  2. 【調査】Office 365やG Suiteなどの導入における様々な課題が明らかに!有効な解決策とは
  3. よくわかるCloud Access Security Broker(CASB)導入のポイント
  4. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  5. 事例で学ぶ! RPA実践ガイド - オフィス業務を自動化して働き方改革を実現する8つのユースケース

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]