セキュリティ

急拡大するサイバー犯罪の世界--企業が迫られる対応方法の見直し

IBMのエクゼクティブセキュリティアドバイザーによると、企業はサイバー犯罪に対応する方法を見直す必要があるという。

 IBMのエクゼクティブセキュリティアドバイザーのEtay Maor氏は、急拡大するサイバー犯罪業界について、米TechRepublicのDan Patterson記者によるインタビューで語った。Maor氏は、企業がどれほどサイバー犯罪に対して弱く、新しい技術が企業の直面するリスクをかえって高めている仕組みを強調した。

 Maor氏は、サイバー犯罪がビジネスそのものだと説明した。具体的には、「年間4550億ドル規模の巨大なビジネスである。しかも、衰退することなく、成長する一方」と述べた。

 さらにMaor氏は、サイバー犯罪が企業の大小を区別しないことを付け加えた。中小規模の企業がハッキングされた場合、そこで奪われた情報は、より大きな企業に対する大規模攻撃を実行するための手段として使われることが多い。同氏は、目立つ攻撃ばかり耳目に触れるものの、攻撃の大半は小規模なグループによって起こされる電子犯罪、と指摘した。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約646文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan