その他セキュリティ AI・機械学習

人手での対応は限界--AIは拡大するサイバー犯罪への現実解になり得るか

機械学習や人工知能(AI)をセキュリティ対策に活用する動きが見られる。どこまで活用できるのか、効果があるのか――。ウイルス対策ソフトなどを提供するセキュリティ企業AvastのCTOが解説する。

 結論から言おう。今、そしてこれからのサイバー犯罪を打ち負かす唯一の方法は、人と機械がともに知恵を出し合って作業すること。これが次世代のサイバーセキュリティの要だ。

 筆者は25年以上にわたり、マルウェアに対抗する仕事に携わってきた。最初は現在在籍しているセキュリティ企業Avastの非常勤開発者として働き始めた(Avastは当時「ALWIL」という社名だった)のだが、筆者は白い帽子をかぶった人々と黒い帽子をかぶった人々が、猫とネズミのような追いかけごっこを演じる仕事にすっかりはまってしまい、現在もAvastの最高技術責任者(CTO)として、黒い帽子をかぶった人々を追いかけている。

 この仕事を通じて、筆者は先進技術が私たちの世界にどのように影響を及ぼし、世界を良い方向に導いていくのを現場で目の当たりにした。また、スクリプトマニアの子どもたちが専門的な手腕をひけらかすために起こす大混乱やサイバー犯罪が企業と消費者の双方に被害をもたらす深刻かつ重大で組織的な活動へと進化するのも目撃してきた。

 ここでは、筆者の経験に基づき、最近もてはやされている機械学習や人工知能 (AI)が、近年増大を続けているサイバー犯罪に対抗する、最善の手段であるのかを問いたいと思う。

“次世代のサイバー犯罪”の要因はネットワーク接続の急激な拡大

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3955文字 ログインして続きを読んでください。

「その他セキュリティ」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]