情報処理推進機構

第3回:要求の取りまとめに四苦八苦--要件評価の着眼点を身に付ける

「家づくり」と「要件定義」のプロセスを見比べながら、“使い物になる”要件定義書を作成するための方法を学んでいく。今回は「大枠」を決めた後に行う要件項目の具体的なリストアップのプロセスを解説していく。

 「住まいを購入するまでのプロセスは、システム開発における要件定義とよく似ている」をコンセプトに、要件定義のプロセスを解説する本連載。今回は「大枠」を決めた後に行う要件項目の具体的なリストアップのプロセスを解説していく。限られたリソースでどのように要件を絞り込んでいくのか……。まずは千石君の「家づくりプロセス」から見ていこう。

家づくり編:部屋の間取り決めから垣間見える、夫婦の本音!?

 前回、「建築条件付き分譲地」の購入を決めた千石夫妻。さっそく物件の比較検討に入りました。住宅ローンを無理なく返済できる範囲の物件で、最大限の条件を満たしたい……。そんな千石(夫)妻の執念が実り、条件にぴったりの物件が見つかりました。早速、紹介された建築担当の「本郷氏」を訪ね、どんな設計にするのか打ち合わせをしました。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約8045文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan