アクセス管理

セキュリティ対策に有効な特権ID管理ツール5選--エージェントレスで短期導入も可能

特権ID管理ツールは、システムの運用や保守に必要な特別な権限が付与されたアカウントを管理する。申請や承認、パスワード変更など、特権IDの管理に必要なさまざまな操作を自動化する。

 特権ID管理ツールは、システムの運用や保守に必要な特別な権限が付与されたアカウントを管理する。Windows系での「Administrator」、UNIXやLinuxなどの「root」が代表的である。データベースやアプリケーションを管理するためのアカウントも対象にできる。

 ツールを利用することで、申請や承認、パスワード変更など、特権IDの管理に必要なさまざまな操作を自動化できる。不正防止のため利用者の操作ログを残す機能があり、ツールによっては操作動画のキャプチャ機能も備えている。

 アクセス制御のポリシーなどに違いがあるので、どのように運用したいかによって選択すべきツールは変わってくる。エージェントレスで既存のシステムに影響を与えずに導入できるツールが多いため、短期に導入したい場合はそういった製品を選ぶといいだろう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2141文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan