開発支援

企業のデジタル化にアジャイルプロセスが最適な理由

消費者の行動形態がデジタル化していることから、企業もデジタル化が急務とされている。企業がデジタル化していく過程では、活用される業務システムはアジャイルに開発、運用されることが必要になってくる。アバイアが解説する。

 急激に変化するビジネス環境において、企業の成功には俊敏性が欠かせません。現在の企業の大きな課題は、新しい機会や競争の脅威に対して、できるだけ迅速かつ効果的に対応できる組織になるかということです。迅速に変化することができない組織は、市場の変化を捉えるのが遅く、顧客のニーズを把握できなくなってしまうという問題に直面しています。

 技術におけるアジャイルプロセスは、企業がデジタル時代の新しいアプリケーションを導入するために採用している新しいアプローチです。アジャイルプロセスを実行するには、下記4つの要素が不可欠です。

  1. 新しいソリューションが企業において機能するかどうかの迅速なコンサルティングと評価
  2. ソリューションの設計
  3. うまく機能するかどうかを見極めるテストや検証
  4. 迅速かつ費用対効果が高い方法で成功すること

 さらに、重要なことはアプリケーションの設計からアジャイルプロセスに対応すること、企業全体でアジャイルプロセスを適用することです。敏捷性がある企業は、時間とリソースの投資を減らし、リスクを最小化することができると同時に、多くの経験を積むことで改善点を迅速に把握することができるようになります。企業は、新しいソリューションを開発、検証しながら、そのアプローチを最適化することができるのです。


 アジャイルプロセスを採用すると、数カ月かかっていたソリューションを構築するために必要な時間を、数週間もしくは数日単位に最小化できます。アジャイルプロセスの大きな課題は全体のコンセンサスを取ることですが、それは逆に、アプリケーションの開発から利用までの全ての段階でアジャイルプロセスを導入するという絶好の機会であると、筆者は感じています。

 組織がどのようなカスタムアプリを必要としているかは、そのビジネスによって異なりますが、国や事業レベルでみると、そのニーズはさらに明確になります。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1843文字 ログインして続きを読んでください。

「開発支援」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 「クラウド利用状況調査」から読み解く、コスト、リソース不足、セキュリティへの対応策
  2. 人員・スキル不足はもはや言い訳? システム運用を高度化する「AIOps」最前線
  3. 脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介
  4. 脱“ハンコ出社”の実現に向け、電子署名を全社展開したNEC
  5. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]