RPA NTTアドバンステクノロジ

WinActor:シナリオ自動作成でプログラミング不要のRPA--複数PCの平行作業にも対応

RPAツールの「WinActor」は、Windowsアプリの見本動作からフローチャート形式のシナリオを自動作成する。シナリオを画面上で編集するだけでプログラミングの知識は不要。複数PCでの並行作業も可能だ。

WinActorのポイント

  • Windowsアプリの見本動作からフローチャート形式のシナリオを自動作成
  • シナリオを画面上で編集するだけでプログラミング不要、並行作業にも対応
  • 元データに応じて入力先や入力内容を自動選択

WinActorの製品解説

 NTTアドバンステクノロジの「WinActor」は、Windowsアプリケーションの操作を自動化するロボティックプロセスオートメーション(RPA)ツールだ。複数システムにまたがるデータの投入を自動化し、人手作業における効率を改善する。

編集部おすすめの関連記事

 Windowsアプリケーションの見本動作を実施することで、フローチャート形式のシナリオを自動作成する。そのシナリオを画面上で編集するだけでプログラミングの知識は必要ない。実行ボタンを押下すると、見本動作通りの作業を実行する。シナリオを複数のPCに複製することで並行作業も可能となる。

 個別開発された業務システムのためにシステム間連携ができず人手による処理量が大きい場合や、単純作業でもノウハウが必要なため作業効率が上がらない場合に効果を発揮するとしている。

 元データの情報に応じて、入力先や入力内容を自動選択する機能も備えており、さまざまな投入作業にも柔軟に対応するとともに、手作業の入力では避けられない入力ミスも削減することが可能になっている。

WinActorのまとめ
用途と機能Windowsアプリの操作を自動化するRPAツール
特徴Windowsアプリケーションの見本動作を実施することで、フローチャート形式のシナリオを自動作成。そのシナリオを画面上で編集するだけでプログラミングの知識は不要。シナリオを複数のPCに複製することで並行作業も可能となる
導入企業エクシオテック、など

「RPA」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
オフィスソフト
OCR
RPA
PCソフト
周辺機器
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]