開発 開発ツール モバイル

「Android」アプリ開発言語に加わった「Kotlin」--開発者が寄せる期待

グーグルは5月、「Kotlin」を正式な「Android」開発用プログラミング言語として追加したことを同社開発者会議「Google I/O」で発表した。この発表は、開発者にとってどのような意味があるのだろうか。

 Apple開発者は「Objective-C」の後に「Swift」がすぐ台頭したことを嬉しく思ったかもしれないが(ただし、Swiftは「クズ」だと思っている人は今でもいる)、「Android」開発者にとって「Java」を代替するオープンソースの静的型付け言語「Kotlin」は、一部の開発者を映画「サウンド・オブ・ミュージック」のように小躍りさせた。「Androidの初期の頃から、われわれ開発者は時代遅れの言語の時代遅れのバージョンの使用を強いられてきた」とViacomの開発者のDanny Preussler氏は嘆いた。しかし、Kotlinは「私に幸せをもたらした」とBasecampの開発者のDan Kim氏は述べる。

 おそらくあなたも同じように感じるはずだ。その理由を説明しよう。

Javaの暗黒時代

 Kotlinは、今でもそれほど高い人気を博しているわけではないが、「Tiobe Index」のトップ50の言語に名を連ねたほか、Redmonkのランキングでも46位に急上昇した。それを受けて、RedmonkのStephen O'Grady氏は、「Kotlinに関して考えるべき重要な問題は、それが大きな関心を得られるかどうかではなく(同言語は1年間で順位を20近く上げた。これは極めてまれなことである)、どれだけ速く、どれだけ大きな関心を得られるかということだ」と書いた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2314文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版
  2. ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的
  3. 成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり
  4. 「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!
  5. 破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]