開発 開発ツール モバイル

「Android」アプリ開発言語に加わった「Kotlin」--開発者が寄せる期待

グーグルは5月、「Kotlin」を正式な「Android」開発用プログラミング言語として追加したことを同社開発者会議「Google I/O」で発表した。この発表は、開発者にとってどのような意味があるのだろうか。

 Apple開発者は「Objective-C」の後に「Swift」がすぐ台頭したことを嬉しく思ったかもしれないが(ただし、Swiftは「クズ」だと思っている人は今でもいる)、「Android」開発者にとって「Java」を代替するオープンソースの静的型付け言語「Kotlin」は、一部の開発者を映画「サウンド・オブ・ミュージック」のように小躍りさせた。「Androidの初期の頃から、われわれ開発者は時代遅れの言語の時代遅れのバージョンの使用を強いられてきた」とViacomの開発者のDanny Preussler氏は嘆いた。しかし、Kotlinは「私に幸せをもたらした」とBasecampの開発者のDan Kim氏は述べる。

 おそらくあなたも同じように感じるはずだ。その理由を説明しよう。

Javaの暗黒時代

 Kotlinは、今でもそれほど高い人気を博しているわけではないが、「Tiobe Index」のトップ50の言語に名を連ねたほか、Redmonkのランキングでも46位に急上昇した。それを受けて、RedmonkのStephen O'Grady氏は、「Kotlinに関して考えるべき重要な問題は、それが大きな関心を得られるかどうかではなく(同言語は1年間で順位を20近く上げた。これは極めてまれなことである)、どれだけ速く、どれだけ大きな関心を得られるかということだ」と書いた。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2314文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan