開発 開発ツール

「NGINX」を「Docker」コンテナとして実行するには

「NGINX」を「Docker」コンテナとしてインストールすることで、新しいアップデートが公開されたらイメージを置き換えるだけで済むようになる。本記事では、NGINXをDockerコンテナとしてデプロイする方法を説明する。

 「Docker」コンテナを使うと、極めて簡単にアプリやサービスをネットワークにロールアウトすることができる。ユーザーはDockerコンテナを使って、自社のサービスを拡張したり、新しいサーバやサービスを迅速にテストしたりすることが可能だ。これらのアプリをコンテナとして運用すれば、システム管理者のオーバーヘッドを緩和することが可能になる。パッケージマネージャを通してアプリケーションを管理したり、ソースからインストールしたりする必要がなくなるからだ。「NGINX」などをDockerコンテナとしてインストールすることで、新しいアップデートが公開されたらイメージを置き換えるだけで済むようになる。

 だが、どうすればNGINXをDockerコンテナとしてデプロイできるのだろうか。本記事では、そのプロセスについて順を追って説明する。使用するのは「Ubuntu 16.04」だ。Dockerのインストールと使用準備が既に完了しているものとして話を進める。

若干難しいプロセス

 Dockerコンテナの実行は難しくない。しかし、若干難しいのは、そのコンテナをローカルのネットワークで利用できるようにすることだ(サーバを扱う場合、このプロセスは重要)。このプロセスは極めて困難なわけではない。適切なコマンドを駆使してそれを実現する方法さえ知っていれば大丈夫だ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2050文字 ログインして続きを読んでください。

「開発」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
ノンプログラミング開発ツール
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. 進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは
  4. 【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン
  5. 「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]