その他セキュリティ アイ・ティ・アール

振る舞い検知サービス、2016年度は14.2%増--未知の脅威増大に対応

2016年度の振る舞い検知サービス市場は前年度比14.2%増の59.4億円となった。今後は従来型のマルウェア対策製品と振る舞い検知型製品が統合化していくとITRが予測している。

 アイ・ティ・アール(ITR)は、国内の振る舞い検知サービス市場の規模推移と予測を6月22日に発表した。2016年度の同市場は前年度比14.2%増と2桁成長していることが分かった。同年の売上金額は59.4億円。

 同サービスは、巧妙かつ悪質な標的型攻撃やサイバー攻撃によって、従来のパターンマッチングでは対応できない未知の脅威が増大していることから、不正な通信や挙動、未知の脅威を検知、対策を支援するサービスとして市場に定着していると説明している。

ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan