運用管理 ネットアシスト

SavaMoni.:サーバ死活やウェブなどを監視で利用できる監視サービス

サーバ監視サービスの「SavaMoni.」は、PINGでサーバの死活、HTTP/HTTPS、POP/IMAP/SMTPなどのサービスを監視する。CPU使用率や空きメモリ容量、送受信トラフィックなどのアラート検知が可能。

SavaMoni.のポイント

  • PINGでサーバの死活、HTTPやPOPなどのサービスを監視
  • エージェント導入で、CPU使用率や空きメモリ容量をアラート検知
  • サーバ5台まで無料

SavaMoni.の製品解説

 ネットアシストの「SavaMoni.」は、PINGによる死活監視、ウェブやメールサービスなどの監視機能を無料で利用できるサーバ監視サービスだ。有料で監視台数の追加や電話でのアラート通知などの機能を追加することができる。

編集部おすすめの関連記事

 無料の基本機能には、PINGを使ったサーバ死活監視のほか、HTTP/HTTPSのウェブサーバ、POP/IMAP/SMTPメールサーバなどの監視、ウェブ上の表示文字列確認など10項目の監視やアラート検知の際の自動送信メール通知などが含まれ、サーバ5台まで利用することができる。

 サーバにエージェントプログラムを導入することで、CPU使用率や空きメモリ容量、送受信トラフィックなどのアラート検知が可能になる。このほかに、監視台数10台の追加、自動音声の電話でのアラート通知、監視間隔を最短3分に設定するといった有料オプションが用意されている。

 メールアドレスのみでアカウントを作成することができる。複雑な監視ツールの設定は不要で、ログイン後に対象サーバ、監視するサービス、アラートの通知先を指定すればすぐに利用を開始できる。ウェブAPIを利用すれば監視設定の登録を自動化できる。

 Linux、Windows Server、macOS Serverをサポートする。デスクトップブラウザだけでなく、モバイルブラウザにも対応するため、スマートフォンやタブレットからも設定変更でき、万一のトラブルの際には外出先から作業することも可能だ。

SavaMoni.のまとめ
用途と機能基本機能を無料で利用できるサーバ監視サービス
特徴サーバやサービスの死活監視、メールでのアラート通知、エージェントでの性能監視などを利用可能。複雑な設定が不要で登録後にすぐ利用できる
税別価格基本機能:無料、サーバ10台追加:月額5000円、アラートの電話通知:月額5000円(通話料80円/分)、監視間隔3分:月額1000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan