AI・機械学習 開発ツール 開発支援

グーグルの「Tensor2Tensor」--ディープラーニングモデルの構築や訓練を加速化

グーグルは米国時間6月19日、同社の「TensorFlow」ライブラリを利用して機械学習モデルの構築や訓練を実行するプロセスを加速化する可能性のある、新たなオープンソースシステム「Tensor2Tensor」を発表した。

 Googleは米国時間6月19日、同社の「TensorFlow」ライブラリを利用して機械学習モデルの構築や訓練を実行するプロセスを加速化する可能性のある、新たなオープンソースシステムを発表した。Googleのブログ投稿で明らかにされたこの「Tensor2Tensor(T2T)」というシステムは、特にディープラーニングモデルの構築を目的とするもので、さまざまな用途に使用できる。

 T2Tを用いて構築できるモデルには、例えば、テキスト翻訳や解析のほか画像にキャプションを付けるといった処理があると、同投稿は述べている。また、これによりユーザーは、こうしたモデルの構築やアイデアの検証が「従来よりも大幅に速く」実行できるという。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1096文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan