UTM ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン

Firebox:テーブルトップ型やクラウドなど幅広いモデルをそろえたUTM

UTMアプライアンスの「Firebox」は、マルウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知する。シグネチャは自動で更新される。アプリケーション内の機能も個別に制御できる。

Fireboxのポイント

  • シグネチャは自動更新、パターンマッチングとヒューリスティックで検知
  • SQLインジェクションやXSSなどの攻撃も防止
  • アプリケーションも制御可能

Fireboxの製品解説

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの「Firebox」は、ファイアウォールを中核として、ウイルス対策や不正侵入防止システム(IPS)、迷惑メール対策、ウェブフィルタリング、仮想私設網(VPN)などの機能を集約した統合脅威管理(UTM)アプライアンスだ。

編集部おすすめの関連記事

 ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知する。自動でシグネチャを更新し、ZIP、RAR、TAR、GZIP、ARC、CABなどの圧縮ファイルにも対応する。

 スパイウェア、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、バッファオーバーフローなどのネットワーク攻撃をブロックする。HTTP、HTTPS、FTP、TCP、UDP、DNS、SMTP、POP3などのプロトコルに対応し、攻撃元として識別されたIPアドレスは自動で遮断する。

 従来のファイアウォールでは管理できなかったアプリケーションも制御可能。2500以上のシグネチャにより1800以上のアプリケーションに対応する。アプリケーション内の機能を個々に制御することも可能だとしている。

 ネットワーク可視化プラットフォーム「WatchGuard Dimension」を装備しており、100種類を超えるレポートとダッシュボードを利用できる。どのユーザーが最も多くネットワーク帯域幅を消費しているのか、トラフィックパターンの異常はないか、閲覧回数の最も多いウェブサイト情報などを確認可能だ。

 テーブルトップ型やラックマウント型、仮想アプライアンス、クラウドサービスなど、幅広いラインアップを用意している。

Fireboxのまとめ
用途と機能ファイアウォールを中核に幅広いセキュリティ機能を集約したUTMアプライアンス
特徴ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知。スパイウェア、SQLインジェクション、XSS、バッファオーバーフローなどのネットワーク攻撃をブロックする。アプリケーションの制御も可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan