UTM ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン

Firebox:テーブルトップ型やクラウドなど幅広いモデルをそろえたUTM

UTMアプライアンスの「Firebox」は、マルウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知する。シグネチャは自動で更新される。アプリケーション内の機能も個別に制御できる。

Fireboxのポイント

  • シグネチャは自動更新、パターンマッチングとヒューリスティックで検知
  • SQLインジェクションやXSSなどの攻撃も防止
  • アプリケーションも制御可能

Fireboxの製品解説

 ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンの「Firebox」は、ファイアウォールを中核として、ウイルス対策や不正侵入防止システム(IPS)、迷惑メール対策、ウェブフィルタリング、仮想私設網(VPN)などの機能を集約した統合脅威管理(UTM)アプライアンスだ。

編集部おすすめの関連記事

 ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知する。自動でシグネチャを更新し、ZIP、RAR、TAR、GZIP、ARC、CABなどの圧縮ファイルにも対応する。

 スパイウェア、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)、バッファオーバーフローなどのネットワーク攻撃をブロックする。HTTP、HTTPS、FTP、TCP、UDP、DNS、SMTP、POP3などのプロトコルに対応し、攻撃元として識別されたIPアドレスは自動で遮断する。

 従来のファイアウォールでは管理できなかったアプリケーションも制御可能。2500以上のシグネチャにより1800以上のアプリケーションに対応する。アプリケーション内の機能を個々に制御することも可能だとしている。

 ネットワーク可視化プラットフォーム「WatchGuard Dimension」を装備しており、100種類を超えるレポートとダッシュボードを利用できる。どのユーザーが最も多くネットワーク帯域幅を消費しているのか、トラフィックパターンの異常はないか、閲覧回数の最も多いウェブサイト情報などを確認可能だ。

 テーブルトップ型やラックマウント型、仮想アプライアンス、クラウドサービスなど、幅広いラインアップを用意している。

Fireboxのまとめ
用途と機能ファイアウォールを中核に幅広いセキュリティ機能を集約したUTMアプライアンス
特徴ウイルス、ワーム、トロイの木馬、スパイウェア、アドウェアなどをパターンマッチングとヒューリスティックで検知。スパイウェア、SQLインジェクション、XSS、バッファオーバーフローなどのネットワーク攻撃をブロックする。アプリケーションの制御も可能

「UTM」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバーセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  2. 経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説
  3. パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策
  4. DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点
  5. サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]