開発 開発ツール

MSの「Raspberry Pi」ウェブシミュレータ--「Azure IoT Hub」利用でセンサを制御

マイクロソフトが開発中の「Raspberry Pi」のオンラインシミュレータは、ユーザーがコードを記述することで、エミュレートされたハードウェアを制御できるようにする。

 「Raspberry Pi」を使って自分専用のガジェットを作成したいけれど、Piを含むキット、さらにはPi自体が手元にないという人も、まもなく新たな方法を使ってその作業に着手できるようになるかもしれない。

 Microsoftが開発中のRaspberry Piのオンラインシミュレータは、ユーザーがコードを記述することで、エミュレートされたハードウェアを制御できるようにする。現時点では、LEDの制御とセンサからのデータ収集が可能になっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1394文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan