OS OS・ミドルウェア

「Ubuntu 17.10」--今後を期待させる次期リリース

「Ubuntu」では大きな変化が予定されている。ここでは、その変化がなぜ重要なのか、また、何がもたらされるかについて見てみる。

 退屈な「Ubuntu」リリースの日々は終わりを迎えた。

 「Ubuntu 17.10」のリリースは、廃止が決定した「Unity」デスクトップインターフェースを搭載する最後のバージョンになるはずだった。Canonicalは、Linuxデスクトップに収束をもたらす試みを開始してから保持してきたパターンを踏襲する代わりに、独自のUnityデスクトップを当初の予定より早く廃止する意向だ。つまり、Ubuntuの次のリリースは、この何年もの間で初めて大規模な変化をもたらすリリースになる。その変化とは、具体的には「GNOME Shell」と「Wayland」のワンツーパンチだ。これは間違いではない。Ubuntuは「Unity 8/Mir」に懸命に取り組んできたが、その両方を廃止して、快適に動作することが既に証明済みの環境を採用することになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2038文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  4. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  5. 【講演資料】今後10年を見据えたネットワークインフラはこうなる!

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan