OS OS・ミドルウェア

「Ubuntu 17.10」--今後を期待させる次期リリース

「Ubuntu」では大きな変化が予定されている。ここでは、その変化がなぜ重要なのか、また、何がもたらされるかについて見てみる。

 退屈な「Ubuntu」リリースの日々は終わりを迎えた。

 「Ubuntu 17.10」のリリースは、廃止が決定した「Unity」デスクトップインターフェースを搭載する最後のバージョンになるはずだった。Canonicalは、Linuxデスクトップに収束をもたらす試みを開始してから保持してきたパターンを踏襲する代わりに、独自のUnityデスクトップを当初の予定より早く廃止する意向だ。つまり、Ubuntuの次のリリースは、この何年もの間で初めて大規模な変化をもたらすリリースになる。その変化とは、具体的には「GNOME Shell」と「Wayland」のワンツーパンチだ。これは間違いではない。Ubuntuは「Unity 8/Mir」に懸命に取り組んできたが、その両方を廃止して、快適に動作することが既に証明済みの環境を採用することになった。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2038文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  3. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan