RPA アビームコンサルティング

RPA業務改革サービス:RPAツールと業務改革ノウハウを組み合わせて自動化

「RPA業務改革サービス」は、アプリケーションをまたいで発生する業務を自動化する。アプリケーションをまたいで発生する業務などが対象。処理量が少ない、手順が変わるといった業務に適用できる。

RPA業務改革サービスのポイント

  • アプリケーションをまたいで発生する業務を自動化
  • 処理量が少ない、複数システムにまたがる、手順が変わるといった業務が対象
  • プログラミングが不要のため、短期間かつ迅速な対応が可能

RPA業務改革サービスの製品解説

 アビームコンサルティングの「RPA業務改革サービスは、同社の業務改革ノウハウとロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)ツール「BizRobo!」を組み合わせたサービス。低コストかつ短期間での業務自動化を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 統合基幹業務システム(ERP)、ウェブメール、ファイルサーバ、Excelなど、アプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を自動化する。処理量が少ない、複数システムにまたがる、手順が頻繁に変わる、といった従来の開発手法では対応が難しかった作業が対象となる。

 業務の一連の流れと参照情報を整理記憶し、作業を自動化するため、コーディングなどのシステム開発が不要となっている。

 まずは、簡易効果診断で自動化する対象業務を洗い出し、工数削減の効果と開発費用の概算を算定する。2つ、3つの導入で実環境における有効性を検証し、効果の実感を確認した上で運用体制の構築やルール策定など本格導入へと進んでいくとしている。

RPA業務改革サービスのまとめ
用途と機能RPAツールと業務改革ノウハウを組み合わせて業務を自動化
特徴ERP、ウェブメール、ファイルサーバ、Excelなど、アプリケーションをまたいで発生する広範囲の業務を自動化。処理量が少ない、複数システムにまたがる、手順が頻繁に変わる、といった従来の開発手法では対応が難しかった作業を対象にできる。プログラミングが不要のため、短期間かつ迅速な対応が可能

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
オフィスソフト
OCR
RPA
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]