UTM フォーティネットジャパン

FortiGate:アプライアンス単位のライセンスでユーザー数無制限のUTM

UTMアプライアンスの「FortiGate」は、FWやIPS、VPN、ウェブフィルタなどのセキュリティ機能を搭載。専用プロセッサで高トラフィック環境でも性能を維持する。アプライアンス単位のライセンスでユーザー数が無制限。

FortiGateアプライアンスのポイント

  • FWやIPS、VPN、ウェブフィルタなど機能を搭載
  • 専用プロセッサで高トラフィック環境での高いパフォーマンスを維持
  • アプライアンス単位のライセンスでユーザー数が無制限

FortiGateアプライアンスの製品解説

 フォーティネットジャパンの「FortiGate」は、ネットワークセキュリティに求められる機能を網羅した統合脅威管理(UTM)アプライアンスだ。ファイアウォール、仮想私設網(VPN)、アプリケーション制御、不正侵入防止システム(IPS)、ウェブフィルタリング、マルウェア対策、WAN高速化、データ漏えい防止、無線LAN制御、持続的標的型攻撃(ATP)対策などの機能を備えている。

編集部おすすめの関連記事

 独自開発の専用プロセッサ「FortiASIC」を搭載することで、高トラフィック環境においても高いパフォーマンスを維持するとしている。また、アプライアンス単位のライセンス体系を採用している。ユーザー数に基づくライセンス体系では、ユーザーの増加に伴いコストも上がってしまうが、アプライアンスごとに設定されたライセンスであれば、ユーザー数が無制限となる。

 通信事業者、データセンター、大規模環境向けのハイエンドモデルから、中小規模の企業や分散拠点向けのミッドレンジモデル、そして小規模拠点やSOHO向けのデスクトップモデルまで幅広い規模をカバーしている。

FortiGateアプライアンスのまとめ
用途と機能ネットワークセキュリティに求められる機能を網羅したUTMアプライアンス
特徴専用プロセッサを搭載することで、高トラフィック環境においても高いパフォーマンスを維持。アプライアンス単位のライセンスでユーザー数が無制限。幅広い規模に対応する製品ラインアップを用意している
導入企業G7伊勢志摩サミット、芝浦工業大学、富士ソフト、ヤフー、キヤノンITソリューションズ、など

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 【IDC調査】クラウドは企業にどのような「価値」をもたらしているのか、その実態が明らかに
  2. IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
  3. 講演資料:製造業でこれから集めるべきデータとは。実ビジネスへのAI適用とその正攻法
  4. 講演資料:デジタライゼーション実現~モノ、プラント、システム、そしてマシンをつなぐ製造現場革命
  5. 5年後を見据えIT部長がいま考えるべきこと--カギはマルチクラウド、運用サービス、高信頼ファシリティ

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]