開発 開発ツール

「Dockerfile」で「Docker」イメージ構築--同じ構成を自動で何度でも

「Dockerfile」とは、ユーザー独自の「Docker」イメージの構築に使用されるファイルのことだ。Dockerfileを作成しておけば、同じイメージを簡単に何度でも構築することができる。

 「Docker」イメージを使えば、仮想マシンと同等のオーバーヘッドを管理することに頭を悩ませずに、コンテナを簡単にデプロイすることが可能だ。これらのコンテナは「Docker Hub」から簡単に取得して、簡単に使用できる。例えば、開発目的で最新の「Ubuntu」イメージを取得したいが、開発を開始する前に、そのイメージに複数の変更(アップデートやアップグレード、構築に必要なパッケージの追加など)を施す必要があるとしよう。さらに、そのカスタムイメージを複数の開発プロジェクトで使用する予定だとしたら、どうだろうか。いつでも最新のUbuntuイメージを取得して、アップデートやアップグレード、構築に必要なパッケージの追加のためのコマンドを手動で実行することが可能だ。

 あるいは、「Dockerfile」を利用してもいい。Dockerfileとは、ユーザー独自のDockerイメージの構築に使用されるファイルのことだ。Dockerfileを作成しておけば、同じイメージを簡単に何度でも構築することができる。そのプロセスを手動で行う必要はない。

 本記事では、Dockerfileを作成して、独自イメージの構築プロセスを簡素化する方法を紹介したい。ここで作成するイメージは、既に上で説明済みである。つまり、アップデートおよびアップグレードされ、構築に必要なパッケージがインストールされた、最新のUbuntuイメージだ。これはDockerfileの使い方を示す例としては、かなり簡単なものである。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1887文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan