周辺機器

ビジネスを守る「UPS」の選び方(3)正しく運用せずに何を守れるというのか

UPSは、速やかに正常なシャットダウン作業を行う時間を設けるためにある。選定するポイントとなるのが、有事の際にサーバと連携して安全にシャットダウンを実行するためのUPS管理ツールの存在だ。

有事に働かなくては意味がない

 「無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply:UPS)」は、雷などの自然災害や停電などの事故から、たいせつなITシステムを守るための重要なデバイスである。

 にもかかわらず、普段は目にすることがないためか、放置されてしまうことも多い不遇な存在である。バッテリを交換すれば、故障することもなく10年以上利用することが可能なため、その間に担当者が変わって、忘れられてしまうケースもあるようだ。

 しかしUPSはセキュリティ対策と同様に、有事の際に適切に稼働しなければ、何の意味もないシステムだ。いつでも確実に働けるように運用を続け、万が一には確実にITシステムを保護し、もし担当者が変わっても稼働状況やバッテリの品質を確認できる──。そのような機能を備えたUPSを選択したいものである。

 連載第3回(第1回第2回)では、企業向けのUPSとして押さえておきたい機能について紹介しよう。

ちゃんと管理しなければ働いてくれない

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2337文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  2. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  3. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  4. “おまけ”機能で本当にいいの?ネットワークの要「DHCPサーバー」の見直しで管理負担軽減も
  5. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan