開発 開発ツール 開発支援

WWDC 2017を振り返る--アップル開発者が押さえておくべき6つの重大発表

2017年の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)では、例年以上に大きな発表が多かった。「App Store」の刷新や「Xcode 9」「Swift 4.0」など、開発者にとって特に重要な発表を6つ取り上げる。

 近年の「Worldwide Developers Conference」(WWDC)では、新バージョンの「Xcode」と「App Store」サービスが毎回発表されているが、今回の発表内容は例年以上だった。Xcodeが新たに記述し直されたほか、App Storeに関しても、ユーザーがアプリにアクセスする方法や、開発者が自分のApp Storeページで提供できるものについて、重要な変更が発表されている。

 ここでは、iTunes App Storeでアプリを提供する開発者や、Appleの「iOS」「macOS」「watchOS」「tvOS」プラットフォーム向けのソフトウェアを作成する開発者にとって、今回の発表が何を意味するのかを解説する。また、「macOS High Sierra」「Swift Playgrounds」「Swift 4.0」に関するニュースも取り上げる。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3477文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 独自調査と取材で判明!クラウドテクノロジーの信頼度と業績向上の相関関係【提供:Google】
  2. 企業を究極の「全自動化」!デジタル時代のインフラ最適化、その最終形態とは?
  3. データベースのプロが集結!現場経験者だから語れるDB移行プロジェクトの「実際」とは
  4. “おまけ”機能で本当にいいの?ネットワークの要「DHCPサーバー」の見直しで管理負担軽減も
  5. システム開発の革新―IBM Watsonを活用した次世代の超高速開発の衝撃

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan