CRM アシストマイクロ

Contact Aid:漏れや重複を防止する顧客対応管理システム--やり取りを共有

コンタクト対応管理システムの「Contact Aid」は、顧客への電話や書類郵送といった活動を記録、一連のやり取りを管理共有する。対応漏れや重複対応、連絡不要先への再連絡といったトラブルを防止する。

Contact Aidのポイント

  • 顧客への電話や書類郵送といった活動を記録、一連のやり取りを管理共有
  • 情報をリアルタイムに可視化し、コンタクト活動のさまざまなトラブルを防止
  • 案内文書や会話内容などをひな型として登録し、円滑な顧客対応をサポート

Contact Aidの製品解説

 アシストマイクロの「Contact Aid」は、顧客への電話や書類郵送といったさまざまな活動履歴を記録し、一連のやり取りを管理共有するコンタクト対応管理システム。顧客へのフォロー状況をリアルタイムに共有し、円滑な対応をサポートする。

編集部おすすめの関連記事

 連絡したい顧客リストや外部システムのデータを取り込んでコンタクト先を「案件」として登録。「架電」や「書類送付」といった対応を選択するだけで簡単に現在の状況を記録を残すことができる。これまでの対応履歴も確認可能となっており、状況を踏まえたアプローチを支援する。

 登録案件の対応状況はリアルタイムに反映され、連絡不要先のような注意すべき対応も担当部門や管理者など関係者ですぐに共有可能。対応漏れや重複対応、連絡不要先への再連絡といったさまざまなトラブルを未然に防止する。

 顧客向けの案内文書や架電時の会話内容、送付メールの定型文などよく使用する文言をテンプレートとしてシステムに登録可能。顧客情報などを差し込んで反映できるため、印刷や郵送処理にも活用できる。

Contact Aidのまとめ
用途と機能顧客への電話や書類郵送といった活動履歴を記録し、一連のやり取りを管理共有する
特徴対応状況をリアルタイムに反映し、対応漏れや重複などコンタクトに関するさまざまなトラブルを防止。案内文書や会話内容などよく利用する内容はテンプレートとして登録可能で円滑な顧客対応をサポートする

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 調査結果:働き方改革の実態――働き方改革によって、どんな支障が出るのか?
  2. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ
  3. ニーズが高まるDBaaS、30項目の基準で有力ベンダー13社を調査
  4. AI×人間の相乗効果 IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  5. AIはホテルの適切な単価も導き出す。さらなる付加価値もコグニティブで。

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan