グループウェア RDBMS ドリーム・アーツ

DreamArtsクラウドサービス:「INSUITE」と「Sm@rtDB」をクラウドで提供

「DreamArtsクラウドサービス」は、グループウェア「INSUITE」とウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供するサービス。保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減する。

DreamArtsクラウドサービスのポイント

  • 「INSUITE」と「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供
  • 保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減
  • 利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加にも対応

DreamArtsクラウドサービスの製品解説

 ドリーム・アーツの「DreamArtsクラウドサービス(DCS)」は、グループウェア「INSUITE」とウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供するサービスだ。保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減する。

編集部おすすめの関連記事

 同社の運用オペレーター、専任技術者によるクラウドチーム、製品チーム、サポートチームが連携することで、24時間365日の運用監視体制や障害対応のナレッジ化、セキュリティ対策などのほか、バージョンアップも自動化される。システム利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加などにも対応する。

 ユーザー企業の情報システム部門、システムインテグレーター(SIer)の人的リソースをシステムの運用保守業務から解放することにより、「攻めのIT戦略」へリソースを投入することが可能だとしている。

DreamArtsクラウドサービスのまとめ
用途と機能INSUITEとひびきSm@rtDBをクラウドで提供するサービス
特徴保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減。24時間365日の運用監視や障害対応のナレッジ化、セキュリティ対策、バージョンアップの自動化が可能。システム利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加などにも対応する
税別価格INSUITE/Sm@rtDBの既存ユーザーは300~999人で1人あたり900円、新規ユーザーは1人あたり1000円。データを既存環境から移行する場合は220万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?
  2. 経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?
  3. HCIのメリットを最大限生かすには?導入後の“ギャップ”を軽減する最適解
  4. AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法
  5. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]