グループウェア RDBMS ドリーム・アーツ

DreamArtsクラウドサービス:「INSUITE」と「Sm@rtDB」をクラウドで提供

「DreamArtsクラウドサービス」は、グループウェア「INSUITE」とウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供するサービス。保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減する。

DreamArtsクラウドサービスのポイント

  • 「INSUITE」と「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供
  • 保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減
  • 利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加にも対応

DreamArtsクラウドサービスの製品解説

 ドリーム・アーツの「DreamArtsクラウドサービス(DCS)」は、グループウェア「INSUITE」とウェブデータベース「ひびきSm@rtDB」をクラウド環境で提供するサービスだ。保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減する。

編集部おすすめの関連記事

 同社の運用オペレーター、専任技術者によるクラウドチーム、製品チーム、サポートチームが連携することで、24時間365日の運用監視体制や障害対応のナレッジ化、セキュリティ対策などのほか、バージョンアップも自動化される。システム利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加などにも対応する。

 ユーザー企業の情報システム部門、システムインテグレーター(SIer)の人的リソースをシステムの運用保守業務から解放することにより、「攻めのIT戦略」へリソースを投入することが可能だとしている。

DreamArtsクラウドサービスのまとめ
用途と機能INSUITEとひびきSm@rtDBをクラウドで提供するサービス
特徴保守運用を委託することで、情報システム部門の負担を軽減。24時間365日の運用監視や障害対応のナレッジ化、セキュリティ対策、バージョンアップの自動化が可能。システム利用状況の可視化や検証環境の構築、データ容量の追加などにも対応する
税別価格INSUITE/Sm@rtDBの既存ユーザーは300~999人で1人あたり900円、新規ユーザーは1人あたり1000円。データを既存環境から移行する場合は220万円から

「グループウェア」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
グループウェア
プロジェクト管理
ワークフロー
BPM
メール
SNS
ウェブ会議
安否確認
ファイル共有
チャット
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版
  2. コンテナセキュリティ入門ーコンテナ保護の基礎知識
  3. 前経済産業省審議官 三角育生氏が語る「新時代のセキュリティ対策」
  4. 悲惨な「ひとり情シス」を脱却するための7つの話題!うまく回している人が実践していることとは?
  5. 見えてきた“悪意のあるインフラストラクチャ”の恐るべき実態

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]