クラウド クラウドサービス

IBM「Cloud Identity Connect」--IDaaSをハイブリッドクラウド環境向けに

IBMは米国時間6月13日、企業全体におけるクラウドの導入を加速する取り組みとして、新しいID管理ソリューションを発表した。同社によると、「Cloud Identity Connect」は、新たなIDaaS(Identity-as-a-Service)として「IBM Cloud」経由で提供されるという。

 IBMは米国時間6月13日、企業全体におけるクラウドの導入を加速する取り組みとして、新しいID管理ソリューションを発表した。これにより、ハイブリッドクラウド環境において、従業員による業務用アプリケーションへのアクセスを簡素化する。IBMのプレスリリースによると、「Cloud Identity Connect」は、新たなIDaaS(Identity-as-a-Service)として「IBM Cloud」経由で提供されるという。

 Cloud Identity Connectはワンクリックアクセスを提供し、オンプレミスとクラウドに対するインフラ投資の橋渡しを実現するものだと、同リリースは述べている。アプリは、シンプルなユーザーポータルを介してアクセスでき、ユーザーは必要に応じて新しいSaaSアプリケーションをカタログに追加することが可能だ。

 ID管理は複雑さを増しており、その要因は、モバイルコンピューティングの増加やモノのインターネット(Internet of Things:IoT)の台頭にある。そうした状況とともに、クラウドやクラウドネイティブなアプリケーションへの移行という動きも相まって、簡素化の必要性は高まるばかりだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約1134文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  2. 悪用されるIoT、ブロックチェーン、仮想通貨--グローバルセキュリティレポートが明かす「脅威の進化」
  3. 活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている
  4. コモディティサーバーはもう限界! HCI全面採用時に求められるハードウェア要件とソリューション
  5. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]