経費精算・旅費精算 富士ゼロックス

Cloud Service Hub for Concur:経費書類を複合機で取り込みConcurと連携

「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携する。取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理され、BoxやDropboxなどのサービスとも連携する。

Cloud Service Hub for Concurのポイント

  • レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携
  • 取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理される
  • BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDriveといったサービスも利用可能

Cloud Service Hub for Concurの製品解説

 富士ゼロックスの「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書といった大量に発生する書類を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステムだ。経費精算SaaSの「Concur Travel & Expense」と連携する。

編集部おすすめの関連記事

 一般的に経理証憑の電子化業務では、レシートを1枚ずつスキャンあるいは撮影して取り込むが、それだけでも手間が掛かる上に、上下や左右を間違えるなど修正にも時間が取られることが多い。そうした煩雑になりがちな業務を自動化し、業務を効率化する。

 レシートや領収書を複合機でスキャンすると、同社が提供するクラウドサービスで画像分割や自動正立といった自動処理した後、Concur Expenseの画像フォルダに格納する仕組みとなっている。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用できる。

Cloud Service Hub for Concurのまとめ
用途と機能レシートや領収書を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステム
特徴レシートや領収書を複合機でスキャン後、クラウドで画像分割や自動正立を自動処理、Concur Expenseの画像フォルダに格納する。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用可能
税別価格利用者数が10~100人までで1契約あたり月額3000円(1契約で10ユーザー)

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  4. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  5. 進まない多要素認証の普及--技術的課題を解決する方法とは?

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan