経費精算・旅費精算 富士ゼロックス

Cloud Service Hub for Concur:経費書類を複合機で取り込みConcurと連携

「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携する。取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理され、BoxやDropboxなどのサービスとも連携する。

Cloud Service Hub for Concurのポイント

  • レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携
  • 取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理される
  • BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDriveといったサービスも利用可能

Cloud Service Hub for Concurの製品解説

 富士ゼロックスの「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書といった大量に発生する書類を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステムだ。経費精算SaaSの「Concur Travel & Expense」と連携する。

編集部おすすめの関連記事

 一般的に経理証憑の電子化業務では、レシートを1枚ずつスキャンあるいは撮影して取り込むが、それだけでも手間が掛かる上に、上下や左右を間違えるなど修正にも時間が取られることが多い。そうした煩雑になりがちな業務を自動化し、業務を効率化する。

 レシートや領収書を複合機でスキャンすると、同社が提供するクラウドサービスで画像分割や自動正立といった自動処理した後、Concur Expenseの画像フォルダに格納する仕組みとなっている。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用できる。

Cloud Service Hub for Concurのまとめ
用途と機能レシートや領収書を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステム
特徴レシートや領収書を複合機でスキャン後、クラウドで画像分割や自動正立を自動処理、Concur Expenseの画像フォルダに格納する。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用可能
税別価格利用者数が10~100人までで1契約あたり月額3000円(1契約で10ユーザー)

「経費精算・旅費精算」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法
  2. AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド
  3. Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス
  4. 「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ
  5. データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]