経費精算・旅費精算 富士ゼロックス

Cloud Service Hub for Concur:経費書類を複合機で取り込みConcurと連携

「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携する。取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理され、BoxやDropboxなどのサービスとも連携する。

Cloud Service Hub for Concurのポイント

  • レシートや領収書を複合機で電子化し、Concur Expenseと連携
  • 取り込んだ書類は画像分割や自動正立を自動処理される
  • BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDriveといったサービスも利用可能

Cloud Service Hub for Concurの製品解説

 富士ゼロックスの「Cloud Service Hub for Concur」は、レシートや領収書といった大量に発生する書類を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステムだ。経費精算SaaSの「Concur Travel & Expense」と連携する。

編集部おすすめの関連記事

 一般的に経理証憑の電子化業務では、レシートを1枚ずつスキャンあるいは撮影して取り込むが、それだけでも手間が掛かる上に、上下や左右を間違えるなど修正にも時間が取られることが多い。そうした煩雑になりがちな業務を自動化し、業務を効率化する。

 レシートや領収書を複合機でスキャンすると、同社が提供するクラウドサービスで画像分割や自動正立といった自動処理した後、Concur Expenseの画像フォルダに格納する仕組みとなっている。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用できる。

Cloud Service Hub for Concurのまとめ
用途と機能レシートや領収書を複合機で電子化し、経費精算業務の効率化を支援するシステム
特徴レシートや領収書を複合機でスキャン後、クラウドで画像分割や自動正立を自動処理、Concur Expenseの画像フォルダに格納する。BoxやDropbox、Evernote、Google Drive、OneDrive、SharePoint Onlineといったストレージサービスも利用可能
税別価格利用者数が10~100人までで1契約あたり月額3000円(1契約で10ユーザー)

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  2. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  3. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  4. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる
  5. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
ERP
会計ソフト
経費精算・旅費精算
帳票管理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan