周辺機器 IAサーバ

コニカミノルタが新製品で強化するマネージドITサービス事業の本気度

MFPで有名なコニカミノルタが10月から「Workplace Hub」という新製品をグローバルで提供する。同製品と同社の現在をつぶさに調べると、何に取り組もうとしているのかが見えてくる。

 コニカミノルタの執行役を務め、米子会社Konica Minolta Business Solutions USAのCEOであるRick Taylor氏は、ベルリンでの会見でWorkplace Hubについて「中小企業にぴったり」と製品の立ち位置を説明。日本市場での想定顧客層としても「(従業員数200人までの)中小企業、(1000人までの)中堅企業」(山名氏)を中心に掲げている。もちろん、大企業の部署での導入も狙っている。

 山名氏は日本での会見でWorkplace Hubがもたらす価値について“オールインワンIT”を挙げている。「必要となるITの基本機能を包括的に提供できる。業務ニーズにあったソリューションはKM Marketplaceから容易に導入できる」と説明した。

コニカミノルタ オフィス事業本部WPH事業部長 高山典久氏
コニカミノルタ オフィス事業本部WPH事業部長 高山典久氏

 「IT投資が重要と認識しながらも投資できない企業に、(Workplace Hubは)各種の機能や管理、応用サービスをワンストップで提供し、最新のITの導入、活用を支援する。IT部門のない中小企業にワンストップのITサービスを提供する」(山名氏)

 日本での会見で同社のオフィス事業本部WPH事業部長の高山典久氏も「ITサービスをワンストップで提供するのがWorkplace Hubの第一歩。ITがないと生き残れない時代となっているが、でもどうしたらいいのか分からないという声をよく聞く。オールインワンITであるWorkplace Hubはこうした課題に対応できる」と同製品の意義を強調した。

 こうして見るとWorkplace Hubは「MFP+ITインフラ一式」となる。“ITシステムという付加価値を加えたMFP”とも表現でき、MFPビジネスの拡大戦術という見方もできる。

 だが、Workplace Hubで同社が展開しようとしているビジネスは、MFPの拡大だけではない。コニカミノルタは、Workplace Hubで中小企業を中心としたマネージドITサービスに乗り出そうとしていることが見えてくる。

「自前主義やプロダクトアウトではない」

残り本文:約4540文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 多機能、シンプル管理、サポート面--管理者の「欲しい」を全部入りにしたストレージとは
  2. IoT、AI、自動化で事業を組み上げよ--製造業のITのための最新テクノロジー完全ガイド
  3. クラウドサービスの氾濫に備えよ! シャドーITを可視化しリアルタイム制御できる次世代CASBが上陸
  4. 営業赤字13億円からの黒字回復!老舗企業ゆえに陥った成長鈍化の罠、その脱出劇【事例資料】
  5. 12社のオールフラッシュアレイを徹底比較! 世界のバイヤーが参考にする「AFA製品評価ガイド」公開

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
IAサーバ
UNIXサーバ
コンバージド・ハイパーコンバージド
その他サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]