運用管理 リコー

定型業務自動化支援サービス:オフィスの定型業務を自動化--導入後の効果も診断

RPAの「定型業務自動化支援サービス」は、オフィスの定型業務を自動化する。業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定し、RPAの環境構築と自動化を支援。運用サポートと効果診断サービスも提供する。

定型業務自動化支援サービスのポイント

  • RPAを用いてビジネスにおける定型業務を自動化
  • 業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定
  • 環境構築と開発支援、運用サポートと効果診断サービスも提供

定型業務自動化支援サービスの製品解説

 リコーの「定型業務自動化支援サービス」は、ロボティックプロセスオートメーション(Robotic Process Automation:RPA)を用いてオフィスの定型業務を自動化する。RPAテクノロジーズの「BizRobo!」を活用する。

編集部おすすめの関連記事

 まずは業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定する。そして、RPAを稼働させるソフトウェアとハードウェアの導入の構築、業務自動化を支援する。導入後の運用サポートと効果診断サービスも提供する。

 また、中小企業向けとして、業務単位で自動化を支援するロボット派遣サービスも用意する。同社では、「RPA診断士」という社内専用資格を設け、サービスの導入支援を担う人材を育成する。

定型業務自動化支援サービスのまとめ
用途と機能RPAを用いてオフィスの定型業務を自動化
特徴業務プロセスを可視化して、RPAが有効に機能する業務を選定。RPAの環境構築とロボット開発を支援する。導入後の運用サポートと効果診断サービスも提供

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan