BI DWH NoSQL IDC Japan

国内ビッグデータ/アナリティクス市場、8%増--クラウドDWHが好調

IDC Japanによると、2016年のビッグデータ/アナリティクス市場は前年比8.0%増の2282億6000万円。クラウド型DWHの好調が継続している一方で、オンプレミス型の製品でも大型の導入が続いた。

 IDC Japanが6月8日に発表した国内ビッグデータ/アナリティクス(BA)ソフトウェア市場に関する調査によると、2016年は前年比8.0%増の2282億6000万円。同市場は2021年に3419億800万円となり、年平均成長率(CAGR)は8.4%になると予測している。

 調査では、BA市場を分析情報管理/統合基盤、ビジネスインテリジェンス(BI)/分析ツール、パフォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場の3つの中分類市場と中分類市場に含まれる16の機能別市場に分けて市場規模を予測した。

残り本文:約501文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ネットワーク管理者を不幸にする真犯人は?SD-WANをマンガで解説
  2. 【事例】各業界のAI導入事例に学ぶ、陥りがちな「穴」と自社に適したAI活用の進め方
  3. 対談:「2025年の崖」とクラウドによるデータ活用の可能性
  4. 長期保存データの最適解! 自動階層化+クラウドオフロードを簡単に実現するには
  5. 移行が本格化! 今こそ問うべきクラウドセキュリティ「5つの都市伝説」

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]