周辺機器

ビジネスを守る「UPS」の選び方(2)どんなデバイスをどれほど守りたいか

UPSを選定する上で、はじめに確認、検討しなければならないのは、必要となる電源容量である。まず、保護対象となるデバイスを選択し、有事の際にどれほどの電力を供給すべきかを計算する必要がある。

供給すべき電源容量とバックアップ時間を算出する

 万が一の停電をはじめとした電源供給の不具合から、たいせつな機器を保護する「無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply:UPS)」は、現代のITシステムには欠かせないデバイスの1つである。

 前回では、サーバだけでなくストレージやネットワーク機器を含めたITシステム全体を保護することを前提に、UPSの技術や製品を検討すべきだと述べた。今回は、さらに細かな製品選定方法について解説しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2368文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan