周辺機器

ビジネスを守る「UPS」の選び方(2)どんなデバイスをどれほど守りたいか

UPSを選定する上で、はじめに確認、検討しなければならないのは、必要となる電源容量である。まず、保護対象となるデバイスを選択し、有事の際にどれほどの電力を供給すべきかを計算する必要がある。

供給すべき電源容量とバックアップ時間を算出する

 万が一の停電をはじめとした電源供給の不具合から、たいせつな機器を保護する「無停電電源装置(Uninterruptible Power Supply:UPS)」は、現代のITシステムには欠かせないデバイスの1つである。

 前回では、サーバだけでなくストレージやネットワーク機器を含めたITシステム全体を保護することを前提に、UPSの技術や製品を検討すべきだと述べた。今回は、さらに細かな製品選定方法について解説しよう。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2368文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  2. IBM Watson が拡げるビジネスの可能性
  3. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. 従業員の58%が、仕事に必要なモバイルツールを会社が提供することに期待

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
PC
スマートフォン
タブレット
ウェアラブル
周辺機器
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan