AI・機械学習

音声入力の普及--M・ミーカー氏「Internet Trends」レポートが着目する流れ

M・ミーカー氏の2017年版「Internet Trends」レポートは、加速する音声インターフェースへの流れを強調している。

 音声革命が起きようとしている。皆さんの会社は、この変革に備えているだろうか。音声入力システムを採用する製品やサービスが増え続け、認識精度の改善が進むことで、企業とユーザーがやり取りする際の主要手段において、音声はタイプ入力を超越する可能性がある。

 音声入力の発展と普及は、Mary Meeker氏の2017年版「Internet Trends」レポートを読んで得られる大きな気付きの1つだ。ベンチャーキャピタルのKleiner Perkins Caufield & Byersに勤務するMeeker氏は、世界的なインターネット利用状況、消費者の動向、ビジネスの動きにおける注目トレンドを明らかにするための手段として、数年前からこのレポートを出している。

 355枚のスライドで構成されたプレゼンテーションは、ゲームから中国におけるインターネット利用状況まで、ありとあらゆるものを対象にしているが、ここでは、ITリーダーが知っておくべきいくつかの重要事項に絞って解説する。まずは、音声についてだ。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約953文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 「情報通信白書」でわかった、テレワークの効果と課題
  2. SQL Server on Linuxの実力は?--国内大手2大ベンダーが徹底検証
  3. 凄腕データサイエンティストのノウハウでビジネス分析の3つの課題を解決
  4. 組織力アップ!業務で絶対に必要な「音声通話」を、より利便性の高い「次世代環境」に移行するメリット
  5. 知っていますか?いまのファイルサーバも、ある仕組みでどこからでも使えて情報共有できること

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
IoT
ドローン
ロボット
VR・AR
AI・機械学習
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan