営業ツール

AppsFS:工事や保守などの現場を支援するフィールドサービス業務システム

フィールドサービス業務システムの「AppsFS」は、訪問型の工事や保守などを支援する。サポート受付管理、要員アサイン、作業報告などの管理機能を搭載し、CRMと連携して販売業務や購買業務もカバーする。

AppsFSのポイント

  • 訪問型の工事や保守といったフィールドサービス業務を支援
  • サポート受付管理、要員アサイン、作業報告などの管理機能を搭載
  • CRMと連携して販売業務や購買業務もカバー

AppsFSの製品解説

 日本オプロの「AppsFS」は、訪問型の工事や保守といったフィールドサービス業務を支援するシステムだ。サポートの受付や管理、要員のアサイン、作業報告といったサービス管理機能を備え、アフターサービスやメンテナンス、工事作業といった現場業務をサポートする。サービス基盤には「Force.com」を利用している。

編集部おすすめの関連記事

 Salesforceをはじめ、顧客関係管理(CRM)との連携によって顧客データにひも付いた情報を提供し、顧客満足度の向上にも貢献するとしている。複数の報告書レイアウトを登録したり、任意の管理項目を設定したりできるほか、手書き入力や音声入力による作業報告も可能となっている。

 また、販売業務や購買業務もカバーし、各工程の一括管理や帳票業務の効率化も可能。関連する顧客または製品をベースに収益を可視化するプロジェクト原価管理機能、現場位置情報からの要員別のアサイン計画を立案するクラウドサービス「Upward」との連携機能、モバイルアプリ「AppsME」などをオプションで提供する。

AppsFSのまとめ
用途と機能訪問型の工事や保守といったフィールドサービス業務の支援システム
特徴サポートの受付や管理、要員のアサイン、作業報告といったサービス管理機能、CRMとの連携によって販売業務や購買業務もカバーする。手書き入力や音声入力による作業報告も可能。サービス基盤にはForce.comを利用
導入企業ノルデステ、インテリジェンス ビジネスソリューションズ、など 
税別価格1ユーザーあたり月額2000円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan