VPN プラネックスコミュニケーションズ

かんたんOpenVPN:設定の手間要らずで導入できるVPNルータ--OSSを実装

VPNルータの「かんたんOpenVPN」は、オープンソースソフト「OpenVPN」を実装。設定の手間が要らず導入できる。接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能だ。

かんたんOpenVPNのポイント

  • OpenVPNを採用し、通信速度の安定性を確保
  • 設定の手間が要らず、簡単に導入できるVPNルータ
  • 接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能

かんたんOpenVPNの製品解説

 プラネックスコミュニケーションズの「かんたんOpenVPN」は、複雑な設定が不要な仮想私設網(VPN)ルータだ。オープンソースで開発されているVPNソフト「OpenVPN」を実装している。暗号化による速度低下が少なく、安定性も高いという。

 OpenVPNの暗号化強度は256ビットであり、既存のPPTPの128ビットより強固。暗号化による速度低下も、既存のL2TP/IPsecより少ないと言われている。使用するデバイスを選ばず、相性の問題もないとされている。

編集部おすすめの関連記事

 サーバやダイナミックDNSの構成があらかじめ設定済みであるため、初期設定が不要となっている。接続するデバイスに専用アプリをインストールして、プロファイルを読み込むだけですぐに利用できる。

 有線LANについては、WANとLANの両方とも1000BASE-Tのギガビット対応となっている。

かんたんOpenVPNのまとめ
用途と機能複雑な設定が不要なVPNルータ
特徴オープンソースで開発されているOpenVPNを実装。初期設定が不要で、接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能
税別価格参考価格で2万5000円

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSがアドバイス!CI/CD環境を構築しDevOpsによるソフトウェアデリバリーの迅速化方法
  2. AWS公式資料!ビジネス価値を一新させる「モダンアプリケーション開発」のベストプラクティス
  3. AWS公式提供!サーバレスアプリケーション設計・構築・運用のノウハウ
  4. AWSが公式解説!コンテナ化されたマイクロサービスを実装するための12要素のアプリパターン
  5. BCPに関する「10の落とし穴」に嵌っていませんか?HA導入時に抑えるべきポイントを解説

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]