VPN プラネックスコミュニケーションズ

かんたんOpenVPN:設定の手間要らずで導入できるVPNルータ--OSSを実装

VPNルータの「かんたんOpenVPN」は、オープンソースソフト「OpenVPN」を実装。設定の手間が要らず導入できる。接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能だ。

かんたんOpenVPNのポイント

  • OpenVPNを採用し、通信速度の安定性を確保
  • 設定の手間が要らず、簡単に導入できるVPNルータ
  • 接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能

かんたんOpenVPNの製品解説

 プラネックスコミュニケーションズの「かんたんOpenVPN」は、複雑な設定が不要な仮想私設網(VPN)ルータだ。オープンソースで開発されているVPNソフト「OpenVPN」を実装している。暗号化による速度低下が少なく、安定性も高いという。

 OpenVPNの暗号化強度は256ビットであり、既存のPPTPの128ビットより強固。暗号化による速度低下も、既存のL2TP/IPsecより少ないと言われている。使用するデバイスを選ばず、相性の問題もないとされている。

編集部おすすめの関連記事

 サーバやダイナミックDNSの構成があらかじめ設定済みであるため、初期設定が不要となっている。接続するデバイスに専用アプリをインストールして、プロファイルを読み込むだけですぐに利用できる。

 有線LANについては、WANとLANの両方とも1000BASE-Tのギガビット対応となっている。

かんたんOpenVPNのまとめ
用途と機能複雑な設定が不要なVPNルータ
特徴オープンソースで開発されているOpenVPNを実装。初期設定が不要で、接続端末にアプリとプロファイルをインストールするだけで利用可能
税別価格参考価格で2万5000円

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態
  5. 調査結果で“はっきり”と差が出た!業績好調企業と不振企業の課題設定と取り組み

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
スイッチ
無線LAN
ルータ
ロードバランサ
VPN
WAN高速化
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan