開発 開発ツール

「COBOL」は古いだけにあらず--1959年誕生の言語が現代にもたらすメリット

「COBOL」は1959年に開発された古い言語であり、惰性で使われているとの意見も一部にはある。だが、IBMの幹部らは、Javaなどの比較的新しい言語にもない有用性があると指摘する。

 1959年に発明されたプログラミング言語「COBOL」(Common Business-Oriented Language)にまつわる通説を紹介しよう。大規模組織がCOBOLを使用する理由は2つしかなく、プログラムを現代的な言語で記述し直すのがあまりに面倒であるため、また、経営者にCOBOLの使用をやめさせる方法を若手が理解していないためとされている。

 だが現実は違う。大規模組織でCOBOLが使われているのは、ハイエンドのトランザクション処理アプリケーションを極めて効率的に動かすことができ、その点では新しい言語もCOBOLに及ばないからだ。現在運用されているプログラムの多くは、2002年(最悪のケースでは1985年)のCOBOLアップデートをベースとしており、コードの記述方法は、優秀なC開発者やJava開発者なら数週間で習得することができる。

 COBOLは現在もIBMの「z Systems」シリーズのメインフレームに採用されているほか、IBM以外の分散型システムにおいても広く使われている。IBMのz Systemsソフトウェア担当フェロー兼最高技術責任者(CTO)のKevin Stoodley氏は、「非常に重要な問題をうまく解決できるため、使われ続けている」と語る。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2923文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AWSユーザーはいかにしてAIと機械学習の活用で新しいビジネスモデルを構築したのか
  2. マネージャーに知ってもらいたい。社員の貢献意欲を向上させる魔法のような7つのヒント
  3. 働き方改革、買い手優位の市場、いまこそ見直すべき『営業力』最高でも最安でもなければ「営業力」が必要
  4. GDPR対応の盲点「サーバーインフラ」のセキュリティを高めよ
  5. データベースがビジネスのボトルネックになっていませんか?性能アップを10分の1のコストで実現を

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]