勤怠管理・労務管理 ワン・オー・ワン

ESI mini:業績とスキルを履歴の管理する人事評価育成サービス--Excelから脱却

クラウド型人事評価システムの「ESI mini」は、従業員ごとの目標やスキルを管理して、業績評価やスキル評価の履歴も管理する。他者と比較しながら入力する相対的な「能力評価+業績評価」も用意している。

ESI miniのポイント

  • 従業員ごとの目標やスキルを戦略に沿って管理
  • 業種や職種を問わない汎用的な尺度と3段階のレベル判定が可能
  • クラウド上の一括管理システムでExcel運用から脱却

ESI miniの製品解説

 ワン・オー・ワンの「ESI mini」は、業績評価とスキル評価を履歴管理するクラウド型人事評価システムだ。採用、育成、評価、活用を円滑化する、大企業向けタレントマネジメントシステム「ESI(Enterprise Skills Inventory)」をベースとしている。

編集部おすすめの関連記事

 従業員ごとの目標やスキルを戦略に沿って管理することができる。業種や職種を問わず汎用的な尺度と3段階のレベル判定で人事評価が可能だ。他者と比較しながら入力する相対的な「能力評価+業績評価」も用意し、個々の能力データを蓄積することで必要な人材像を明らかにする。それによって効果的な人材育成を可能にする。

 クラウド上の一括管理システムで運用を効率化する。進捗と評価の一覧やメールの一斉送信、過去データの参照、スキルの補正といった操作に対応する。ファイル集計が不要で、人事管理に多いExcel運用から脱却できるとしている。

ESI miniのまとめ
用途と機能業績評価とスキル評価を履歴管理する人事評価サービス
特徴従業員ごとの目標やスキルを戦略に沿って管理。業種や職種を問わず汎用的な尺度と3段階のレベル判定で人事評価が可能。クラウド上の一括管理システムで運用を効率化し、人事管理に多いExcel運用から脱却できる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Docker、Kubernetesがもたらす IT業界の一大変革
  2. 今さら聞けない? Dockerコンテナ入門
  3. AWSが解説!クラウド移行で失敗しないためのベストプラクティスと戦略─「6つのR」とは
  4. 【ZDnet Japan調査】情報システム部門200名への調査から見る「攻めのIT戦略のリアル」
  5. 【公式資料】AWS移行実践!大規模なクラウド化はこうすれば始められる

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
人事評価
人材管理
人材採用
給与計算
給与明細配信
勤怠管理・労務管理
マイナンバー
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]