IDS/IPS トレンドマイクロ

TippingPoint:マルウェアの不正通信もブロックするIDS/IPS--SSLも検査

IDS/IPSの「Trend Micro TippingPoint」は、脆弱性からネットワークを守るためのセキュリティフィルタやマルウェアが行う不正通信をブロックするためのフィルタを搭載。C&Cサーバへの通信も検知、防止する。

Trend Micro TippingPointのポイント

  • 脆弱性から守るためのセキュリティフィルタ搭載、定期的に自動受信
  • 既知のC&CサーバはIPアドレスやDNSのブラックリストを保持
  • SSL通信の検査機能も対応

Trend Micro TippingPointの製品解説

 トレンドマイクロの「Trend Micro TippingPoint」は、インライン型の不正侵入検知/防止システム(IDS/IPS)だ。パフォーマンスや生産性への影響を抑え、高度な攻撃から重要なデータやアプリケーションをリアルタイムに保護する。

編集部おすすめの関連記事

 ゼロデイを含む脆弱性からネットワークを守るためのセキュリティフィルタ、マルウェアが行う不正通信をブロックするためのフィルタ、マルウェアに指令を出す、既知のC&C(command and control)サーバなどのIPアドレスとDNSのブラックリスト、ネットワーク上の受信SSL通信の検査といった機能を提供する。

 新たな脆弱性に対応するセキュリティフィルタのデータは定期的に自動受信。これをベースに外部からの脆弱性を狙った通信を検知あるいはブロックする。また、万が一、マルウェアに感染した端末があってもC&Cサーバへのコールバック通信を検知、ブロックするため、被害を最小限にとどめることが可能だ。

 システム規模やネットワーク環境によってさまざまなラインアップが用意されている。従来のIPS製品で提供されるセキュリティ機能に加えて、SSL通信の検査機能と検知速度の可変性と拡張性を持つ「Tシリーズ」と、不正通信の検査と防御を専用設計のハードウェアで処理する「N/NXシリーズ」がある。

Trend Micro TippingPointのまとめ
用途と機能重要なデータやアプリをリアルタイムに保護するインライン型IDS/IPS
特徴セキュリティフィルタ、マルウェアフィルタ、ブラックリスト、SSL検査などの機能を搭載。マルウェアに感染した端末があってもC&Cサーバへのコールバック通信を検知、ブロックすることができる

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  2. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  3. 外資系CRM/SFA導入後たった1年で挫折する企業が多い理由が明らかに!失敗例から成功の秘訣を学べ
  4. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  5. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
クライアントセキュリティ
サーバセキュリティ
ゲートウェイセキュリティ
メールセキュリティ
ウイルス対策
標的型攻撃対策
IDS/IPS
ファイアウォール
WAF
UTM
SIEM
フィルタリング
データ保護
アクセス管理
SSO
ワンタイムパスワード
IRM
情報漏えい対策
暗号化
脆弱性診断
その他セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan