PaaS 電通国際情報サービス

FACERE:スマホとウェブ向けにバックエンド機能を提供するクラウドサービス

クラウドサービスの「FACERE」は、モバイルアプリやウェブアプリ向けにバックエンド機能を提供。会員管理や地図情報、プッシュ通知などの機能を利用できる。カスタマイズできるサンプルアプリも用意している。

FACEREのポイント

  • スマートフォンやウェブアプリ向けのバックエンド機能を提供
  • ログイン認証や地図情報、データベース登録などの機能が利用可能
  • 制作担当者が自由にカスタマイズできるサンプルアプリも用意

FACEREの製品解説

 電通国際情報サービス(ISID)の「FACERE(ファケレ)」は、スマートフォンやウェブアプリケーションの開発と運用を支援するバックエンド機能を備えたBackend as a Service(BaaS)。BaaSとSaaS、その中間としての側面を持ち合わせているとしている。

編集部おすすめの関連記事

 モバイルやウェブといったクライアント向けにログイン認証や会員管理、アップロードとダウンロード、プッシュ通知、データベース登録、地図情報、多言語対応、利用統計、音声と画像のマッチング、iBeaconの管理といった機能を提供する。サービスインフラには、Googleのパブリッククラウド「Google Cloud Platform(GCP)」を採用している。

 サービス管理者用のウェブアプリケーションツールも用意する。ユーザー情報や各データやコンテンツの管理、GUIによる地図情報の管理、プッシュ配信などに対応する。

 また、制作担当者が自由にカスタマイズできる、美術館案内やバス案内、観光地案内などのサンプルアプリも提供する。必要に応じてアレンジすることで、オリジナルアプリを容易に作成できるとしている。

FACEREのまとめ
用途と機能スマートフォンやウェブアプリ向けのBaaS
特徴ログインや会員管理、アップロードとダウンロード、プッシュ通知、データベース登録、地図情報、多言語対応、利用統計、音声と画像のマッチング、iBeaconの管理といった機能を提供。サービス管理者用のウェブアプリケーションツールも用意する。サービスインフラにGCPを採用している
税別価格初期費用は無料、利用料金は月額10万円から

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. 急増する「非マルウェア攻撃」は、どのように防げばいいのか?─新たな発想による防御が必須に
  2. IBM データ経営の教科書-ビジネス変革3つの柱はデータ、アナリティクス、クラウド
  3. 幸せなA社と不幸なB社、天国と地獄を分けたのは1年前の決断だった!-中堅・中小企業のERP導入
  4. 【保存版】金融・製造・小売・医療…業界別のAI活用シナリオで“ブーム”の次のフェーズへ!
  5. 実は“落とし穴”の多いOffice 365への移行。スムーズな活用に欠かせない“ある秘策”とは?

編集部おすすめ

トレンドまるわかり![PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]