クラウド クラウドサービス データベース

マイクロソフト「Azure Cosmos DB」入門--グローバル分散型データベースを手軽に構築

かつて、大規模な分散型データベースシステムを自社で構築するには、多大な手間やコストがかかっていたが、現在では数回のクリックだけで構築できるようになっている。本記事ではそれを実現する「Microsoft Azure Cosmos DB」の概要について説明する。

 それほど遠くない昔、自前のデータセンターと自前の接続、自前の貴重なリソースを使ってグローバル分散型データベースシステムを構築するには、入念な計画と少なからぬ努力が必要だった。そうしたプロジェクトに取り組むにはコストがかかりすぎ、企業の成長やビジネスの潜在的可能性が制限されてしまう、と判断する企業もあった。

 しかし、クラウドコンピューティングとソフトウェア・アズ・ア・サービス(SaaS)ビジネスモデルの登場により、個人事業主にせよ、Fortune 100企業にせよ、マウスを数回クリックするだけで、自社用のスケーラブルなグローバル分散型データベースを構築できるようになった。

 「Microsoft Azure Cosmos DB」は、クラウドコンピューティングの元来の能力を利用して、すぐに使用できる状態(ターンキー)のグローバル分散型データベースシステムを作り出す。このデータベースシステムは、ビジネスのニーズに応じて拡大したり、縮小したりすることが可能だ。本記事では、Azure Cosmos DBに関する具体的な情報と詳しい利用方法を紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2780文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
クラウドストレージ
IaaS
PaaS
プライベートクラウド
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan