データセンター 仮想化

「VMware vSphere」入門--データセンター仮想化の主要プラットフォーム

ハイパーバイザーは、サーバ仮想化を支える中核的なテクノロジである。「VMware vSphere」は、市場で最も優れた最先端のハイパーバイザーおよび仮想化管理プラットフォーム製品だ。

 DevOpsコンテナ、デジタルトランスフォーメーションに関する話題全般に言えることだが、現代のデータセンターは依然として仮想マシン(VM)を中核としている。VMは、データセンターの抽象化戦略において回復力の高い構成要素であることは、既に証明されている。ストレージやベンダー、ネットワーク、そして管理ベンダーからなるエコシステムは全体としてVMを中心に進化を遂げてきた。

 ハイパーバイザーは、サーバ仮想化を支える中核的なテクノロジである。「VMware vSphere」は、市場で最も優れた最先端のハイパーバイザーおよび仮想化管理プラットフォーム製品だ。

 この入門記事では、VMware vSphereについて簡潔に紹介する。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約4373文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
サーバ仮想化
コンテナ
SDS/ストレージ仮想化
SDN/ネットワーク仮想化
デスクトップ仮想化
アプリケーション仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan