BI DWH ウイングアーク1st

太田胃散、10年間で業務データ約2000万件を分析--全社規模で活用

太田胃散は全社的なビジネスインテリジェンス(BI)基盤を約10年間にわたって活用し、業務データ約2000万件を分析、業務改革に成功したという。

 太田胃散は「Dr.Sum EA」と「MotionBoard」を全社的なビジネスインテリジェンス(BI)基盤として約10年間にわたって活用し、業務データ約2000万件を分析、業務改革に成功したという。ウイングアーク1stが6月1日に発表した。

 太田胃散は現在、顧客からの「太田胃散の製品はどこに行けば買えるか」という問い合わせに対し、地図画面で最寄りの販売店を検索、各店舗の実消化データを確認し、案内している。特定商品の売れ行きについて、会社のポータルサイトにログインするだけで、どの販売店で、どの製品が売れているのかといった最新情報を直感的に得られるようになっている。

残り本文:約545文字 ログインして続きを読んでください。

あなたにおすすめの記事

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. AIのメリットを引き出す「7つの領域」と「17の活用シーン」
  2. Amazonサービスが鍛え上げた「AWSの機械学習」、実際に使ってみませんか?すぐ導入できるガイド
  3. 日本語Wikipedia全件データの100倍?!1億文書の検索システムをつくってみた~その結果…
  4. 「残業するな」は、働き方改革には逆効果!?正しいアプローチとは
  5. 許可されていないクラウドサービスの利用が半数近くにも!調査結果に見るクラウド利用の実態

編集部おすすめ

カテゴリ・テーマ特集ページ[PR]

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
RDBMS
NoSQL
その他データベース
DWH
ETL
EAI/ESB
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
統計解析
テキストマイニング
ソーシャルメディア分析
BI
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan