文書管理 キヤノンITソリューションズ

GripManager:プロセスや進捗、期限も管理する契約業務管理システム

契約業務管理システムの「GripManager」は、申請前の相談から締結までを支援する。進捗や期限を管理し、契約の更新漏れなどを防ぐ。履行状況の可視化や各種契約の一元管理も可能だ。

GripManagerのポイント

  • 申請前の相談から締結までの契約業務を管理
  • 進捗管理や期限管理に対応し、契約の更新漏れなどを防止
  • 履行状況の可視化や各種契約の一元管理も可能

GripManagerの製品解説

 キヤノンITソリューションズの「GripManager」は、契約書申請の前段階の相談から締結までを支援する契約業務管理システム。契約更新期限をメールで自動通知するなど、ガバナンスの効いた契約管理を可能にする。

編集部おすすめの関連記事

 相談から締結までの契約担当者と法務部門とのやり取り、契約書類を一元的に保存でき、いつ、誰が、どのように回答したかという履歴参照も可能。案件の状況を自動変更して状態を明確化し、状況や担当別に件数管理できる。スケジュールを設定することで検索条件に該当する案件を帳票にまとめ、日次や週次、月次といった任意のタイミングでメールを自動送信して処理漏れを防止する。

 契約内容の履行状況を契約担当に定期的に問い合わせ、履行状況を可視化。契約ごとに履行チェックと担当者へのメール自動送信で契約切れのリスクを防ぐ。主契約に関連する各種契約の一元管理や、特許ライセンス契約締結に関する基本契約、秘密保持契約(NDA)、覚書などの関連契約も管理画面で確認できる。

 契約情報管理のデータベースには「PostgreSQL」を採用し、利用者のコスト負担を軽減。特許管理システム「PatentManager」をベースとしたテンプレート機能を搭載する。

GripManagerのまとめ
用途と機能相談から締結までを支援する契約業務管理システム
特徴相談から締結までのプロセス管理や進捗管理、処理漏れを防ぐ期限管理などの機能を搭載。履行状況の可視化や関連する各種契約の一元管理も可能

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの会員向け記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

「文書管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
文書管理
電子署名
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?
  2. SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件
  3. デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ
  4. なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み
  5. Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]