開発ツール CA Technologies

CA Gen:ソースコードを自動生成するモデル駆動型の開発ツール

開発ツールの「CA Gen」は、ビジネス要件を定義してデータモデルや画面などを設計すると、アプリケーションのソースコードを自動で生成する。開発設計情報はリポジトリで一元管理する。

CA Genのポイント

  • アプリケーションのソースコードを自動生成するモデル駆動型開発ツール
  • 開発者は設計やビジネス要件定義の決定などに注力できる
  • 設計開発情報はリポジトリで一元管理

CA Genの製品解説

 日本CAの「CA Gen」は、リポジトリに蓄積された設計情報からプラットフォームに適合するアプリケーションのソースコードを自動生成するモデル駆動型の開発ツールだ。.NETやz/OS、Linux、UNIX、Javaに対応する。

編集部おすすめの関連記事

 アプリケーション設計時には、構築環境を意識せずにビジネス要件のみを定義する。設計情報はリポジトリで一元管理され、その情報から対象システムへのソースコードを自動生成する仕組みだ。

 開発者はプログラミングをする必要がなく、設計やビジネス要件定義の決定などに注力できる。また、開発者のスキルに依存しないため、安定した品質のアプリケーションを生成可能となる。

 生成したアプリケーションをウェブサービスで公開することもできる。既に生成されたサーバアプリケーションをウェブサービスとしてデプロイすることも可能だ。

 開発設計情報をリポジトリで一元管理するため、アプリケーション単位でデータ整合性を保てる。例えば、システム更改などに伴い、既存アプリケーションを異なるプラットフォームで再生成できる。

CA Genのまとめ
用途と機能アプリケーションのソースコードを自動生成するモデル駆動型開発ツール
特徴アプリケーション設計時には、構築環境を意識せずにビジネス要件のみを定義。設計情報はリポジトリで一元管理され、その情報から対象システムへのソースコードを自動生成する。.NETやz/OS、Linux、UNIX、Javaといったプラットフォームに幅広く対応。開発設計情報をリポジトリで一元管理するので、開発者は意識することなくアプリケーション単位でデータ整合性を保てる

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
開発ツール
開発支援
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan