運用管理

パトロールクラリス:物理と仮想、ネットワークなど60項目対応の監視ソフト

サーバ&ネットワーク監視ソフトの「パトロールクラリス」は、エージェントレス方式で既存の環境を変更せずに導入できる。物理マシンと仮想マシンの両方のリソースや応答性能など60項目を監視する。

パトロールクラリスのポイント

  • 既存環境を変更せずに導入可能なエージェントレス方式
  • 物理マシンや仮想マシンのリソース、応答性能など60項目を監視
  • 環境に応じて選択できる複数バージョン、クラウド版も用意

パトロールクラリスの製品解説

 コムスクエアの「パトロールクラリス」は、エージェントレス型のサーバ&ネットワーク監視ソフトウェアだ。既存の環境を変更せずに導入できる。

編集部おすすめの関連記事

 リソースの監視、応答の監視、VMware ESXiのリソース監視など、60項目にわたる監視機能をそろえている。これまで複数製品によってカバーしていた監視を一元化することが可能だ。監視の実行や停止をスケジュール設定でき、検出条件や通知条件も環境に応じて柔軟に運用できる仕組みとなっている。

 監視結果については、最新の状態を一覧表示で確認でき、障害発生の割合やアラート回数、障害の多かったサーバ、復旧に時間が掛かったサーバなどの統計情報も表示可能だ。監視運用に必要な情報をブラウザで管理できるほか、特定のサーバやグループに対して指定した監視項目の情報をHTML、PDF、CSVで出力できるレポート機能、システムの監視状況を作図して視覚化できるマップ機能といった管理機能も備えている。

 必要な機能だけを利用できるよう複数のバージョンが用意されている。スタンダード版のほかに、高度な機能を備えるプロフェッショナル版や機能を限定したライト版、モノのインターネット(IoT)端末が混在するネットワークを統合監視する「パトロールクラリス for IoT」があり、さらにクラウド版も提供されている。

パトロールクラリスのまとめ
用途と機能エージェントレス型のサーバ&ネットワーク監視ソフトウェア
特徴リソースの監視、応答の監視、VMware ESXiのリソース監視など、60項目にわたる監視機能をそろえている。環境に応じて必要な機能を選べる複数バージョンを用意、クラウド版も提供する
税別価格スタンダード版が初年度18万9000円、次年度以降9万9000円、クラウド版が初期費用5万円、月額利用料1万1000円

「運用管理」で読まれている記事

TechRepublic Japanで人気の記事

編集部オススメ

トレンドまるわかり![PR]

財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
PC・モバイル
新興技術
ITインフラ
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
運用管理
資産管理
MDM
バックアップ
ディザスタリカバリ
セキュリティ

ホワイトペーパーランキング

  1. Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ
  2. マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?
  3. 最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける
  4. 中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例
  5. 業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

Follow TechRepublic Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]