オープンソース

Linuxでのファイル管理--tarコマンドの基本的な利用

tarコマンドは、「Linux」にデフォルトで採用されているだけでなく、目にすることが多いコマンドアーカイブツールの1つだ。ここでは、同コマンドの使い方を見る。

 Linuxのシステム管理者をしていればいつか、tarコマンドで作成されたアーカイブ(圧縮されたものでもそうでないものでも)に出くわすだろう。tarコマンドに馴染みがなくても、精通しておく必要が出てくるだろう。tarコマンドは、Linuxにデフォルトで採用されているだけでなく、目にすることが多いコマンドアーカイブツールの1つでもあるからだ。ソースからアプリケーションをインストールする場合、ソースがtarでアーカイブされている場合が多い。

 tarは、「tape archive」の略だ。確かにいささか古くさいが、元々は磁気テープを使ったバックアップ作業用に開発されたものだ。それでもいまだに広く使用されている。多数のファイルやフォルダを、「tarball」(タールボール)と呼ばれる1つの圧縮アーカイブファイルにしたり、独自のバックアップスクリプトを作成したりできる。オプションは無限にあるように思える。

 tarコマンドの使い方の例をいくつか紹介したい。tarコマンドを使って、さまざまな種類のアーカイブを作成し、また、そこからファイルを抽出する。入力の準備はできているだろうか?

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約2279文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. メールだけでは遅すぎる!--「ビジネスチャット」で情報共有を劇的に効率化
  2. 「システム開発にWatsonは活用できないの?」の 声に答える待望のソリューション
  3. モバイルワークの生産性をグンと上げる!ワークスペース構築の5つのポイント
  4. 無線LAN導入のポイントとは?!安全で快適な無線LAN環境をArubaで実現
  5. どこから解消すれば良い?中小企業の永遠の課題「3つの不足」へのアプローチ

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan