マーケティング 電話・FAX コムスクエア

コールトラッカー:広告ごとの反響を把握して視覚化する電話効果測定ツール

電話効果測定ツールの「コールトラッカー」は、広告からの電話反響をトラッキングして把握し、効果を測定する。広告や商品ごとに測定用番号を割り当て、どの広告の電話反響であるかを把握。SEM対策にも対応する。

コールトラッカーのポイント

  • 広告ごとに異なる番号を割り当て、どの広告からの反響かを把握
  • 音声ガイダンスなどの通知でオペレーターの適切な対応を支援
  • ウェブでの検索ごとに表示される電話番号を動的に発行

コールトラッカーの製品解説

 コムスクエアの「コールトラッカー」は、出稿している広告からの電話反響をトラッキングして効果を測定し、機会損失を削減させるクラウド型の電話効果測定ツールだ。問い合わせなどの電話を、どのメディアに接触して掛けてきたのか把握できるため、広告効果の視覚化や最大化できるとしている。

編集部おすすめの関連記事

 ウェブメディア、雑誌などの紙広告、看板、テレビ、ラジオなど、広告ごとに異なる電話番号を測定用に割り当てておき、入電の際はコールトラッカーを経由して企業へつなぐことで、どの広告に対する電話反響であるかを把握する。オペレーターには、どの広告からの電話反響であるかが音声ガイダンスで通知されるため、適切な対応が可能になる。

 機会損失を削減する機能も備える。営業時間外や話中など応対できなかった電話反響がある場合は、企業にメールやファクス、ショートメッセージで発信情報を通知するので、折り返し電話することも可能だ。また、回線数を超える着信があった場合は音声ガイダンスを流し、離脱を防止する。応対できなかった電話については、事前に設定した番号に自動転送する機能や注文や問い合わせを録音する機能も備えている。

 検索エンジンマーケティング(SEM)にも対応する。検索ごとに表示される電話番号を動的に発行できるため、電話反響に至った検索キーワードを把握できるほか、メールマガジン、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)といった流入経路も把握でき、SEMの費用対効果の正しい判断に結び付けられる。

コールトラッカーのまとめ
用途と機能広告からの電話反響をトラッキングして把握し、効果測定する電話効果測定ツール
特徴広告ごとに異なる測定用の電話番号を掲載することで、どの広告の電話反響であるかを把握し、適切な対応を支援し、機会損失を削減する。SEM対策に対応する機能も備える
税別価格初期費用が5万円、月額費用が5万円。別途、通話料と番号種別により番号利用料が必要
導入企業エストドック、Yahoo!ロコ、など

CNET_IDを登録して全ての記事を読む
(登録3分、無料)

CNET_IDはTechRepublic Japan/CNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです。CNET_IDを登録することで、TechRepublic Japanの全ての記事を読むことができます。人気の記事にはこのようなものがあります。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線
  2. 東大大学院教授・森川氏が明かす「DX × 働き方改革」の未来
  3. ITRレポート:主要ベンダーのAIサービスを一挙比較!踊らされないAI活用で事業を広げるコツ
  4. どのクラウドをつかえばよい?信頼できるクラウドサービスを選ぶために重要な4つの視点
  5. 海外進出成功のポイントは「失敗事例」から学ぶことにあり

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
CRM
SFA
営業ツール
名刺管理
マーケティング
マーケティングオートメーション
販売管理
見積管理
店舗管理
POS
決済システム
ECサイト
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
PBX
電話・FAX
コールセンター・コンタクトセンター
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan