モバイル OS

グーグル「Fuchsia」の狙い--「Linux」カーネル不採用の新OSを考える

「Fuchsia」は、グーグルの新しいオープンソースのリアルタイムOSだ。同OSは、「Android」に対してどのような意味を持つ可能性があるかを考える。

 Googleは、いかにも「Google」的なやり方で物事を進めたり、解決したりするのが常だ。したがって、同社が多くの人を困惑させる新たなプロジェクトに着手したと聞いても、おそらく誰も驚かなかったはずだ。そのプロジェクトは「Fuchsia」と呼ばれるもので、Googleや「Android」の情報をチェックしている人なら、大半がこの新しいプラットフォームについて聞いたことがあるだろう。

 Googleに関する最新かつ主要な情報をチェックしていない人のために説明すると、Fuchsiaは同社の新しいオープンソースのリアルタイムOSで、その存在が明らかになったのは2016年8月のことだ。Fuchsiaは当初、ただのコマンドラインでしかなかった。それが1年足らずで、なかなか興味深いGUIを備えたプラットフォームになっている。

編集部おすすめの関連記事

残り本文:約3015文字 ログインして続きを読んでください。

関連記事

ホワイトペーパーランキング

  1. レストランの新しい形!~テーブルIoTが実現する「注文0分」「会計0分」の世界
  2. AIを怖れるな!BI市場における2018年の重要トレンド「トップ10」
  3. GDPRを遵守するために必要なセキュリティ対策とは?
  4. RPAは万能にあらず!正しい自動化ソリューションの選択を
  5. GDPR対応のポイント─日本の企業もGDPRへの対応が求められる

編集部おすすめ

ピックアップ製品

サーバ
PC・モバイル
ストレージ
ネットワーク
仮想化
クラウドサービス
OS・ミドルウェア
OS
ミドルウェア
アプリケーションサーバ
開発
データベース
運用
セキュリティ
新興技術
財務・経理
人事・労務
マーケ・営業
購買・調達
生産・製造
データ分析
コミュニケーション
通信・通話
文書・コンテンツ
サイト構築
PCソフト
学習

ベンダー座談会

Follow TechRepublic Japan